スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

3人の新監督について

先週から夜のアルバイトを始めたラスカルの公(きみ)が「わたし野球のこともっと勉強しようかな…」とボクにそんなことを電話の向こうで言ってきた。

え、どうして? 「だってお客さんは野球の話をする人が多いんだもん。わたしが日本ハムが好きといったら、ああ、新庄がはいったからねと、そんなことを言われてしまった…」。

君は別に野球のことを勉強しなくてもいい。第一、勉強するという言い方がすでにおかしい。あれは勉強するものではない。

要は野球に興味があるかないかだけの話である。でもそんなことを思ってしまう彼女は、めちゃくちゃいじらしい。

ボクはつくづくラスカルの公は、夜の仕事に向いていないと思った。

さて今年のセリーグは3人の新監督が誕生した。巨人の堀内監督、中日の落合監督、阪神の岡田監督。

ボクはこの3人の顔を見た時、堀内監督が一番、監督らしくないと思った。この人は辛口の評論家でいた方が似合っている。

監督の条件とはチームが勝った時、勝利をみんなで共有できる雰囲気を持っていること。これに尽きると思うのだ。



岡田監督に軍配を上げたい!

野球はフランチャイズを原則としている。つまりファンはお気に入りもしくは地元の球団を“ひいき”する感覚で特定のチームを応援している。

堀内監督のあの顔の雰囲気では、ファンはチームの勝利を共有する気持ちになりにくい。

落合監督はチームが勝ってもファンといっしょに試合の勝利を、共有しようという感覚がもともとない。

そういうタイプの人である。この人は勝っても負けても冷静なのだ。ミーハー気分になれない性格をしているのだ。

堀内監督と落合監督は基本的に個人主義の人。他者は他者、自分は自分という考え。

事実、落合監督は“俺流”というのがキャッチフレーズではないか? 

堀内監督もそれに近いものがある。そうなると阪神の岡田監督には勝利を共有するムードがある。あの顔はそうである。よってボクは岡田監督に軍配をあげたい。

ロッテのバレンタイン監督にもファンと勝利を共有する陽気さがある。プロ野球の監督はそういう人になってもらいたい。

ターザン情報)

新・一揆塾塾生募集



利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.