スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

今年の中日ドラゴンズについて。

ボクはプロ野球のことをテレビやスポーツ新聞で見る時、今年は中日ドラゴンズのことが一番気になっているのだ。もちろんボクは中日ファンではない。

それなのになぜ中日の試合結果が気になるのか? その理由は今年、落合が中日の監督になったからだ。

落合はバッターとして超一流だった。三冠王など多数の偉大な記録をのこした。現役を引退したあとも、評論家としても理論派だった。

それを称して落合のことをマスコミは“俺流”という言い方をした。こういうタイプの人間がはたして集団行動を第一とするプロ野球の監督に向いているのか?

ボクはそこに興味を持ったのだ。落合の個人主義がどんな形でチームを引っ張っていくのか? 落合はそういうことに今まで無関心だった。

俺流とは人のことには我れ関せずということである。プロ野球の監督は選手という人のことを大事に考えなければならないのだ。



中日がセリーグ優勝したら、面白いんだけどなあ。

落合に欠けているのは選手と一丸となってやるという団結心のイメージがないこと。

運命共同体という感覚である。阪神タイガースの前監督だった星野さんは、その運命共同体意識をあおるのが抜群にうまかった。

選手も阪神ファンもみんなのせられた。星野さんは阪神を阪神タイガースという運命共同体の村社会にしたのだ。

あれは村の勝利である。村感覚の熱狂だった。勝利に対する選手のモチベーションを“村”という概念に求めたらそれは、なるほど日本人はツボにはまりやすい。

たしかにはまった。落合監督にはそうした共同体意識はない。それでもし中日がセリーグで優勝したら、面白いと思うんだけどなあ。その期待感があってボクは中日の試合結果に毎日、注目しているのだ。

ご参考までに)

『中日スポーツ』

ターザン情報)

第5回シネマイッキ塾(5月12日開催)

麻婆豆腐の会(5月15日開催)



利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.