スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

人類は2足歩行した瞬間、神を見た

   人類というか人間というかそれを他の動物と決定的に分けたのは2足歩行である。

   4本の足で歩いていた時、人類の視界にあったのはたぶん半径10メートルだろう。常に彼らは下を見ていたはず。

   たとえ遠くを見ることができたとしても水平線である。それが突然、2足歩行になったらどうなるか?

   当然、目の位置が高くなる。地面に向かって垂れていた頭と首が上に向かって急に持ちあがったのだ。

   その瞬間、一気に視界が開けた。空を見たはずである。夜空を見たはずである。そして星の輝きもね。

   今までは自分の行動範囲の枠だけしか見る必要がなかったのに、自分に必要のない世界まで見るようになった。見れるようになった。

   これが人間の始まりである。動物にはそれがない。自分にとって、生きることにとって関係ないことまで見るようになった時、人類の脳は興奮した。

   スイッチがはいった。これが自意識の始まりである。そこから脳は爆発的に進化していく。

   すべては二足歩行のおかげである。自分に関係ないものがこの世に存在していることがわかった時、人類はそこに神を見ることになる。

   これは一種の風景論でもある。動物に風景論なんてないもんね。人間は風景の中に神を見るのだ。

   そのことで人間は自己を客観視した。相対視した。そうなると神が必要になり神は人間の手によって創造されたのだ。

   2足歩行バンザーイだ。これはまったくの余談、冗談だが人間における対面セックスも2足歩行からきている。

   つまり2足歩行になった時、人類は必然的にこの宇宙と世界と自分と他者とそのすべてに対して向き合うしかない存在になったのだ。

   みなさん、対面セックスでしっかり彼もしくは彼女と向き合って下さいね(笑い)。同性同士でもいいんだよ。ガ、ハ、ハ、ハ、ハ、ハ、ハ。

<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.