スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

びっくりしたなあ。人間の生命ってもとは気体なのかあ

 分子生物学者の福岡伸一さんがあるテレビの中で人間の生命は固体でできているが、実は液体でありもっと先は気体だと言った科学者の説を紹介していた。

 いやあ物事を論理的に追究していく科学者というのは、やっぱり凄いよ。恐れ入る。つまりこれは人間とは生命とは“つながっている”ことをいっているのだ。

 生命はつながりなのだ。どんなつながりかというと縦軸としては過去から未来に向けての時間的つながりのこと。

 もう一つは現在進行形としての横軸。つまり同時代人としての空間的つながりのこと。たしかに言われてみればその通りだ。

 私は自分のことを固体と思っている。それは要するに個体のことでもある。あくまで個として思いたいのだ。しかし実は私が液体であり気体だとしたら・・・。

 そうかわかった。生命とは固体的コミュニケーション、液体的コミュニケーション、気体的コミュニケーションの三つがあるのだ。

 ただ人間は固体的、個体的コミュニケーションしかしようとしない。生命は気体が液体になり液体が固体になっていく過程を“進化”という言葉で表してきた。

 それは違う。人間に特有な傲慢な考え方だ。気体が液体に限定され液体が固体に限定されていっただけ。

 進化ではなく限定なのだ。限定、限定、限定が進んでいくとそこには固体があり死がある。元の元である気体には死はない。

 まあ、そういうことはどうでもいい。私としては液体的コミュニケーション、気体的コミュニケーションって何? その方がモーストインポータントな問題である。

ターザンカフェより)

※本日、「煩悩菩提日記」を更新いたしましたが、サーバーメンテナンス中の為、“NEW”マークが表示されておりません。ご了承下さい。

<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.