スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

資本主義社会に正義はない。あるのは誰かがどこかで不当に儲けているだけだ

 アメリカは実にいい加減な国だ。映画「インサイド・ジョブ」でリーマンショックなどの金融危機の実像にせまるドキュメンタリーを作りアカデミー賞がそれに長編ドキュメンタリー賞を与えている。

 結果が出たあと事が起こってしまったあとにそんなことをしてなんの意味があるのだ。それさえも“やらせ”だ。

 まったく私は何も信用していない。バカ野郎である。結局、たとえ金融が破綻してもその時に陰で大儲けしたヤツ、莫大な金を手に入れたヤツがいるということである。

 アメリカという国の本質はそこだ。彼らは世界を焼け野原にする。ペンペン草も生えない不毛の地にしていく。

 これは経済の問題ではないのだ。資本主義の根源的悪魔の論理だ。アメリカのために市場を開放するなである。それをやったら彼らの思うツボ。かっこうの餌食になるだけだ。

 資本はいつもすべてを強奪する。我々は適当なエサを与えられているだけだ。そうして人工的、作為的、計画的貧困が作られていく。

 資本主義とは形を変えた巧妙な奴隷社会のことである。正義とか自由なんてあるわけがない。

ターザンカフェより)

※本日、サーバーメンテナンスの為、「煩悩菩薩日記」に“NEW”マークが表示されません。ご了承ください。尚、日記の更新は午後12時30分頃を予定しております。

<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.