スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

お金はあるとろくなことはないのだ

 たとえば私がもし今、お金を持っていたとする。もちろん、それは大金のことである。私は今、63歳だ。

 そうすると必ずその私の大金を狙って誰かが奪いにくる。現代、これだけ格差社会が広がると、ますます犯罪が多くなる。

 これはもう間違いない。今後、金持ちや金持の子どもたちがお金が目的で誘拐される事件が増える。

 お年寄りが振り込み詐欺にかかるのは、要はお金を持っているからだ。お金がなかったらそんなことにひっかかることはない。

 だいたい60歳を過ぎたら老人は生活にお金がかからないようにできている。だから老後の不安なんておかしいのだ。

 細い食生活。どこに出かけるわけでもない。家でじっとして毎日を送る。どこにお金がかかるというのだ。

 老人でなくてもお金を持っているとどういうわけか、そのお金に目をつけて他人が寄ってくる。

 近付いてくる。そしてこんないい話がありますといって、投資話を持ちかける。それで結果的にだまされて、なけなしの貯金をなくした人というのは本当に多い。

 すべてそれはお金があるからだ。それが原因である。お金はあるとろくなことはないというのは、明らかに真実なのだ。

第一、あるとそれを守ろうとする。少しでもそれが減ってくると心は不安になる。心理的にもろくなことはないのだ。

 というわけで私はお金は使った方がいいという結論になるのだ。

<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.