スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

女の色気と色っぽさは心が充実している時しか出ないものだ

最近、夢香姫が妙に色っぽくなっている。そこで私は思った。女の色気というのはやっぱりその内面から出てくるものだと。

 現在、女性の化粧の技術は飛躍的に伸びた。その結果、美人は完全にマニュアル化したイメージになっている。いわゆる女性誌を飾っているモデルの人が、一般的美人のイメージというわけだ。

 それに右にならえとなったらどうなるのか? 美人そのものがワンパターン化する。マンネリ化する。

 ワンパターン美人、マンネリ美人が大きな顔をして街を歩くことになる。それこそアチャーの世界である。

 美人とは本来、マネのできない存在のことをいう。それを今では誰でも美人になれますよと、化粧品業界や女性誌があおっている。

 髪型、アイシャドー、アイラインの進歩はすごいものがある。ウーン、そうなるともう化粧した時と素っぴんの落差も大きくなる。

 アチャ、アチャ、アチャーだ。女性誌的美人と色気はまったく関係ない。色っぽさも別だ。むしろああいう人たちには私からみると色気はない。

 あれは単なるナルシスト。ナルシズムだ。色気とは男の気を引くもの。世界が気を引くものでなければならない。

 女性誌的美人は気を引いているのではない。注目を浴びたいだけなのだ。それこそがまさしくナルシストのひとりエゴイズムである。

 色気とは似て非なるものだ。やっぱり色気と色っぽさはその女性の心が充実したものがあって初めて出てくるもの。

 第一、目の輝きが違ってくる。色気のキーワードは目にある。内面性に自身がある女性は、人に注目されたいというガキっぽい精神はもう捨て去っている。極端な言い方をすると化粧をすればするほど人工的美人、からっぽ美人になるということである。


<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.