スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

「起こったことは仕方がない。ただ、起こったことをどう解釈するかは絶対的自由なのだ」

 ある人と話をしたら、そんなことを言ったのだ。人間は自分のまわりで起こったことや目の前で起こったことについては、これは受けて立つしかない。

 無条件降伏である。だから、泣き言はいうな。愚痴もいうな。そして、恨むなである。問題は、その先にある。

 要するに、それをどう解釈するかである。それって、理解するのとは違う。別に理解しなくてもいい。する必要はない。

 理解することに、そんなにプラスはないからだ。それなら、解釈することの方が10倍楽しい。解釈という名の自由である。

 解釈には想像力がいる。どんなにネガティブな出来事であっても、解釈の仕方によっては、それをポジティブな概念に変えることができるからだ。

 そのことで、人はなぜか救われるのだ。これは、すべてをギャグと考えろという私の発想と似ている。

 解釈する自由とは、起こったことを“笑い”にしてしまう。あるいは“ギャグ”に変換してしまうことでもある。

 解釈することをむずかしく考えるなである。そのためのキーワードは、笑いとギャグの二つなのだ。

 もう一つ、物事をいいように解釈すると人は幸せになる。それも大事だ。そうすると人生は面白くなる。楽しくなる。精神がタフになる。





ターザンカフェより)

※ターザン山本! 初めての講演会のお知らせ

3月20日(木・祝日)博多で、インターネットマーケティングの第一人者である岩元貴久氏とジョイントの講演会を開催します。

日 時:2008年3月20日(木・祝) 13:00〜17:00 場 所:福岡国際ホール・ホールA  [博多大丸の上 TEL(092)712-8855] 参加費:お一人様 5

<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.