スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

「春を待つな。春は先物買いしろ」

 1月は行く。2月は逃げる。3月は去るという言い方がある。これは、ボヤボヤしていると1年の最初の3ヶ月は、あっという間に終わってしまうということである。

 ボケっとするなという教訓である。さて、2月4日は“立春”。暦の上ではもう春なのだ。しかし、実際は冬そのもの。寒い。雪は降るし。

 ただ2月という月は大事だ。人は2月を1年の中で最も軽く扱っている。なくてもいいような月と見ている。

 それが間違いなのだ。たしかに、2月はどうでもいい月。早く終わって“春よ来い”である。だからこそ、私は言いたい。

 この無意味なイメージしかない2月という月に、エンジンを全開させるのだ。目標を立てて、それに向かって行けである。

 そのためにも、やがて来る、もうすぐ来るだろう春を待つな。春を待つという気持ちでいたら、その瞬間、君に本当の春は来ない。

 今からもう春を自分の心の中で、頭の中で、体の中で先物買いして突っ走るのだ。

 それぐらいの気持ちでいないと、春が本当に来た時、君には春ののどかな気分しかない。

 それって最悪なのだ。暦の上で2月4日をなぜ“立春”にしたのかは、実はそういう意味なのだ。

 春はもう始まっている。春に出遅れるな。今日から春と思え。そうしたら、梅の花が満開に咲いたシーンを見て、君は自分に勝利宣言ができるはずだ。



ターザンカフェより)

※ターザン山本! 初めての講演会のお知らせ

3月20日(木・祝日)博多で、インターネットマーケティングの第一人者である岩元貴久氏とジョイントの講演会を開催します。

日 時:2008年3月20日(木・祝) 13:00〜17:00 場 所:福岡国際ホール・ホールA  [博多大丸の上 TEL(092)712-8855] 参加費:お一人様 5

<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.