スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

同棲とは結婚生活の先取り!

・結婚の天敵は可能性という概念!



 よく聞く話に同棲生活が3年とか5年とか時には7年という人もいる。

 そういうカップルはだいたい結婚にいたらない。

 そういうケースが多い。理由は簡単。彼らにとっては、実は同棲とは結婚生活の先取りだからだ。

 結婚すればあとはもうそれしかない。これを人生の完全なる着地現象という。

 いったん着地したらそこから再びジャンプして、別のところに着地することはできない。

 つまり結婚とは腹をくくるということである。本当に好きだったら何も問題はない。

 もし適度に好きという心理状態だったら結婚は無理だ。

 結婚によって人生のほかの可能性がカットされると、少しでもそういう思いがあったら、その人は幸福にはなれない。

 現代人にとって結婚の天敵はこの可能性という概念なのだ。

 それはあくまで可能性なのに…。可能性にこだわっている人は自分のことを過大評価している。

 過大評価と可能性は人の心の中でセットになっているのだ。まったくやっかいな虫である。

 同棲生活には可能性という幻想がまだ残されている。

 結婚に向かう可能性と花嫁以降への可能性のことだ。

 でも、女性は3年も同棲したら「私のことをあなたはどうしてくれるの?」となってくる。

 そこで男に結婚の意志があるのか、どうかが試されるのだ。

 「このままでいいじゃないのか? 結婚しなくても…」というのが男の一般的反応である。

 これが同棲の現実である。

 同棲にはなんの生活性もないことだ。子供は作らない。家族や家庭という概念からも自由である。

 それって現代人にとってはわりと心地よいものなのだ。

 ただそれがどうしたと言われたら、返答のしようがないだろう!



<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.