スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

才能とは買うものではなく発掘するものなのだ!

そう、みんな人を見る目なんてありはしないのだ。この点についてはボクも落合監督と同じ考えである。

「落合イズムに学べ!」は2004年、今の日本人にとってはボクは一つの重要な答えだと思っている。

すでにプロ野球のセ・リーグは中日ドラゴンズが優勝目前である。シーズンが始まる前、ボクは"中日優勝"を予想した。いや、それは予想というよりも願望に近かった。

まず、気に入ったのはあらたな戦力補強はいっさいしなかったことだ。"必要なし"と落合監督はフロントに言い渡した。

現有戦力で十分に優勝できる。今の戦力をレベルアップしていくことの方が、どれだけ大切なことかを訴えた。

そのことによって1軍も2軍も関係なく全選手に同じスタートラインに立たせて勝負させた。つまりすべての選手にチャンスを与えたのだ。

落合自身が高校、社会人時代から騒がれ注目された選手ではなかったことが、そういう発想を生んだのだ。

そこには誰も俺の才能を見る目がなかったではないかという思いがある。

それで彼は自力で三冠王を取り有名監督や評論家やマスコミを見返した。

それが落合の野球人生だったのだ。そう、みんな人を見る目なんてありはしないのだ。この点についてはボクも同じ考えである。

落合はそのことによってこの世界にただならぬ不信感を持っている。そこに彼の反発と意地と反抗があるのだ。



普通、落合は監督なんか引き受けない男。それを引き受けたのは今の野球が間違っていることを証明したかったからだ。

落合ほど反抗的野球人はボクはいないと思っている。今回のセ・リーグ優勝もその反抗心を証明するためにやっているようなもの。

「ざまあみろ、お前らまったく人を見る目がないだろう。丸坊主になれ!」という思いである。

実際、落合が偉かったのはその自分の信念によって次々と選手の能力を発掘していったことである。英智なんかいい例である。彼の守りはもう天下一品といってもいい。

選手の能力を高い金を使って買いあさる。それが巨人流のやり方だ。そのことを落合は自分の過去を振り返った時「くそ食らえ!」としか思っていない。

普通、落合は監督なんか引き受けない男。それを引き受けたのは今の野球が間違っていることを証明したかったからだ。

落合こそボクは正真正銘、野球界の革命児だと思っている。だからボクは今年は落合の独り勝ちだと思っているのだ。

そのことの方が合併問題とかストとかよりもよっぽどモーストインポータントなことを誰もわかっていない。

そういう日本のプロ野球そのものが、ボクからするともうまったくだめだということである。

才能とは買いあさるものではなく努力して発掘されるものなのだ。



<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.