スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

「恋愛喪失」「恋愛不毛」時代?  違うよ。恋愛感情喪失時代への挽歌。『風立ちぬ』!

 仕事か?  愛か?  どっちなんだよ。映画『風立ちぬ』の主人公のことだ。

 とにかく飛行機を作ることに夢中になっている。少年の時からずっとそうだった。大人になってその夢に向かって邁進していく。

 完全な飛行機オタク。その彼が結核にかかっている女性に恋心を抱く。戦前の話だ。

 ゼロ戦を設計した実在の人物がモデルという。内容は誰が見ても純愛ストーリーだ。

 この映画を私の友人の多くは絶賛している。泣けたという人もいた。形は何もかもステロタイプで古臭いんだけどなあ。

 現代に恋愛という幻想はなくなった。恋愛感情喪失時代。これは男も女も共通認識として自覚しているはずなのだ。

 そんな不毛な状況を我々は仕方なく生きているんだよなあ。そんな時、この映画を見せられたら一服の清涼剤になったのだろうか?

 江戸時代、遊女、女郎を愛してしまった男。文明開化後は結核になった女性に恋した男。

 そんな悲恋話に恋愛をイメージするしかないのか?  なんともイレギュラー感、100パーセントの映画だった……

<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.