スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

男の弱さがどうしようもなく透けて見えるんだよなあ!

 キム・ギドク監督の映画『嘆きのピエタ』だよ。なんて男は弱い生きものなんだよ。まったくくだらないぐらい弱い。

 いや、女々しいと言った方が正しいかも。主人公の男は借金の取り立て屋。

 というよりもお金を貸して利子を元金の何倍、10倍も取る悪人だ。ただ彼も雇われてそれをやっているだけ。

 むごい。冷酷非情。そのお金を借りた連中が貧民階級。貧乏がテーマだ。だから見ていてイヤになる。

 映画に貧乏と病気のことはやめてくれと言いたい。辛気臭い。こっちまでアンハッピーな気持ちになる。

 まあ、それは本題に関係ないか。とにかくこの映画の根底にあるのは男という生きものの情けなさだ。

 なんでこんなに自信がないの?  俗っぽいの?  下品なの?  もうどうにかして欲しい。

 キム・ギドクは一体何が言いたいんだよおおおおおお。

<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.