スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

“アンダーグラウンド”ってどこがそんなに魅力的なのか?

   今日、目がさめたら午前1時5分にメールが届いていた。シンジロー君からだ。「“アンダーグラウンド”のどんな所に自分が惹かれたのか、なんとなくわかってきました」。

   そう言われるとまたこっちも考えてしまうんだよなあ。もう、これまでさんざん書いてきたんだけど…。

   男2人に女ひとり。そういう映画って多いよな。「明日に向って撃て」とか「冒険者たち」とか。

   つまり男の友情がまずあってその野郎がなんとなく同時に好きになる女性がいる。そういう三角関係のことだ。

   友情と恋愛感情が男2人の中で同時進行していくというドラマ。これって意外と男が好む世界のことかもしれない。

   三角関係なのに決してそれは壊さない。破綻しない。友情と恋愛に対して最後までバランス感覚を持ち続ける。

   ひとりの女性を2人して好きになるという快感とマゾ。そのことで逆に壊れそうな緊張感を楽しんでいるのかも。

   これって極上の三角関係?   「明日に向って撃て」のポール・ニューマンとロバート・レッドフォードがそうだった。

   そこでは恋愛と友情がブレンドされながら中和作用と浄化作用が働く。男にとってそれが気持ちいいんだろうなあ。

   好きな女ひとりを独占することよりも、そっちの方がいいやみたいな(笑い)。

「アンダーグラウンド」の野郎2人は適当にいい加減なので、あの三角関係を楽しめたのかもしれない。

   男として面倒臭くないもん。自由だもん。もちろんそんな男を相手にする女には、いつも絶対的な魅力がある。

<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.