スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

彼女は顔をあげて空を見上げた時、ハッと気が付いた

   映画「リッキー」。シングルマザーの主人公が、同じ工場で働く男性とゆきずり的関係を持ち子どもができた。

   その子は男のコでリッキーと名付けられ途中から背中に二つの羽根が生えてきて、赤ちゃんなのに空中を飛んでしまう。

   普通にはありえない話だ。だからこの映画はファンタジーだと考えるしかない。というのが一般的な解釈だ。

   生活苦。それは冒頭のシーンでわかる。小さな娘がひとりいる。小学生だ。私の見方はこうだ。あのリッキーのことは彼女の妄想が生んだ「想像妊娠」「想像出産」「想像子育て」なのだ。

   すべては経済的貧しさが原因。そのことで彼女は毎日、心理的に追いつめられている。あの恋人のことももしかすると妄想の産物かも。

   行き場のない苦悩、混乱、矛盾を起こしエスカレートしていく彼女の自意識。それをテーマにして描いた映画。

   だから空を見上げた時、彼女はハッと気がついて持っていたものを思わず放したというわけだ。そこに自由を見たからだ。

<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.