スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

『カレンダー・ガールズ』@

ターザン「じゃあ、いつもの通り、この映画に対する点数(10点満点)を言ってもらおうか?」

(平均点4.3<男性10人中>)

ターザン「まあ、よくできた映画じゃないの? オレは6〜7点は言っていると思うけどなあ」

参加者A(満足度4)「僕の場合、去年親父が亡くなったのをダブらせてしまったんで…」

ターザン「君ねぇ、映画は映画として見ろよ(笑)」

主催者・田中(満足度2)「観客の大多数を占めていたおばちゃんたちのリアクションがドリフみたいでイヤでしたねぇ」

参加者A(実は帰国子女)「この手の映画を外国で見ると、メチャクチャ大笑いだと思いますよ」

参加者B(満足度5)「起承転結がはっきりしてよかったんですけど、実話に基づいている話なので、ストーリー的にこじんまりした感がありますね」

参加者C(満足度7.5)「僕はシネマイッキ塾がなかったら、この映画を見なかったと思います」

西野君(満足度7)「女性の意見を聞きたい映画ですねぇ」

歌枕(満足度6)「しかし、残念ながらひとりもいません…」

参加者たち(平均点4.3)「(苦笑)」

参加者D(満足度5)「年をいった女性のヌードには抵抗がありますねぇ。それと、おばちゃんたちの欲求不満と自己顕示欲を感じてイヤでしたねぇ」

参加者E(満足度5)「カレンダーができて評判になってからのドロドロした人間模様がよかったです」

参加者F(満足度2)「おばちゃんの裸はちょっとイヤだなあって感じ」

歌枕「僕はおばちゃん版『シカゴ』って感じもしましたけどね」

参加者C「それを言うなら、おばちゃん版『フル・モンティ』と思うけど」

主催者・田中「最近の映画の傾向として、女性の主人公が多いですよねぇ」

ターザン「いや、映画というジャンルはもともと女性の魅力を開放するためにできたものだからね」

歌枕「昔から山本さんは『スクリーンとは女である』と言っていますけど」

ターザン「そう。女性の美しさ、存在を開放させるのに、一番手っ取り早いのが映画というジャンルなんだよぉ! http://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/g/2004/20040612103735.htm">『ヴェロニカ・ゲリン』のときも言ったけど、19世紀まで、女性たちは、社会的なものにいっさい参加できない存在だったわけですよ。それを堂々と歴史のメインストリートに出てきたのは、19世紀の終り(映画の起源は1895年12月と言われている)に映画が発明され、20世紀にそれが飛躍的に発展したからですよぉぉぉぉ!。女性は映画で市民権を得たというのがオレの考えですよぉぉぉぉ! グレタ・ガルボやマリリン・モンローがいい例ですよぉぉぉぉ!」

歌枕「しかし、グレタ・ガルボやマリリン・モンローらの美しさを見にくる人たちはほとんどが男性だったと思うんですけど、『カレンダー・ガールズ』の場合は、非常におばちゃん指数が高かったですねぇ」

ターザン「おばちゃん指数が高いということ自体が非常に現代的なわけよぉ! 今までは若くて、ビジュアルがよくて、奇麗で、光り輝いているという、そういう一部の限定された女性たちが、映画のスクリーンの中の主役だったんだけど、今の時代はガーッとすそ野が広がってさ、どんなタイプの女性でも主役や主人公になれるってことを、この映画は証明しているよぉぉぉぉ!」

歌枕「なるほど〜」



桃井かおりは完全にカレンダー・ガールズに負けているよぉぉぉぉ!

ターザン「男優≠ニ女優≠ニいう言葉を比べると、、男優≠謔閾女優≠ニいう言い方にオレははるかに別格の人格を感じるよぉぉぉぉ!」

歌枕「別の人格?」

ターザン「男優≠ニ言うとさ、普通にいる世間の人たちの延長戦上って感じがするけど、女優≠フ場合は、非常に強い輝きを感じるというか、一般世間の女性たちからジャンプした存在に思えるからねぇ」

主催者・田中「男優≠フ場合は、俳優という言い方もされますけど、女優≠俳優≠ニ呼びませんからね」

ターザン「もっと言うと、男優≠笏o優という言葉は役者の延長線上にあるものだけど、女優≠ニいう言葉は、役者というカテゴリーを越えた別格の輝きを持っているんだよね」

歌枕「桃井かおりが『私、女優よ』と言いますけど…」

ターザン「今の桃井かおりにはその言葉を言う資格はないよぉぉぉぉぉ! 若者にコビを売っているあせったオバちゃんですよぉぉぉぉ! いいトシの取り方をしているという点では、完全にカレンダー・ガールズに負けているよぉぉぉぉ!」

歌枕「そこまで言わなくても(苦笑)」

ターザン「まあ話を元に戻すと、この映画は50代の女性たちが主人公になっているわけでしょ。オレは男という存在として、彼女らを脅威に感じるよぉぉぉぉ! 晩年のエリザベス・テイラーが主人公になっているのとわけが違うからさあ」

歌枕「観客のおばちゃんたちからすると、自分という存在に近い登場人物だから、共感しやすいってことでしょうね」

ターザン「(急に)ただね、裸という点では、日本人の女性は無理だったかもしれないよぉ。パンフレットに実際のカレンダー・ガールズたちが載っていたけど、いくら彼女たちがおばちゃんと言っても、欧米人特有の立派なボディー、体型をしているからねぇ」

歌枕「背も高いし、出るところは出てますからねぇ」

ターザン「だからさあ、オレは君たちみたいにまったく、あの彼女たちに嫌悪感を感じなかったよぉぉぉぉ!」

参加者たち「…」

ターザン「おばちゃんたちの裸をもっと見たかったよぉぉぉぉ!」

歌枕「もっと(笑)」

ターザン「君たちの意見を聞いているとさ、女性観がしょっぱすぎるよぉぉぉぉぉ!」

参加者たち「(笑)」

ターザン「それじゃあ、女のコにモテるはずがないよぉぉぉぉ!」(つづく。次回アップは19日<土>の予定です。)



ご参考までに)

http://www.movies.co.jp/calendergirls/">『カレンダー・ガールズ』‐公式HP

<『カレンダー・ガールズ』映画評>

http://www.walkerplus.com/tokyo/latestmovie/title/mo2631.html">『MovieWalker』

http://moviessearch.yahoo.co.jp/detail?ty=mv&id=319331">『YAHOO!MOIVE』



シネマイッキ塾参加者募集)

★6・19http://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/sch/2004/20040619163027.htm">第10回シネマイッキ塾(http://www.gaga.ne.jp/swimmingpool/">『スイミング・プール』)



<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.