スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

“渇き”は見方を変えるとバディムービー(相棒映画)ともいえるのだ

 もう一度、映画「渇き」について書く。これは主人公の聖職者と人妻の「道行き」「心中」映画といったが、視点を変えてみるとバディムービー(相棒映画)という見方もできる。

 相棒は普通、男同士と決まっている。その手の映画は今まで山ほど作られてきた。古くは「スティング」とか「明日に向かって撃て」がそうだ。

 そこでは男の友情がテーマになる。だが男と女の相棒があってもいいではないか。そういう発想もありうる。

 だったらバンパイアになった牧師と人妻が相棒になるというのは、そんなに不自然な話ではない。

 男と女だからそこに性がからんでいるだけだ。バディムービーと思って「渇き」をみるとなんだかすっきりしてきた。これは正解かも。

<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.