スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

『ヴェロニカ・ゲリン』

ターザン「いつものように、みんなに点数(10点満点)をつけてもらおう!」

(平均点4.4<参加者10人中>)

ターザン「どう見ても、3点ですよぉぉぉぉ!」

歌枕「前回のhttp://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/g/2004/20040605075308.htm">『ビッグ・フィッシュ』より1ポイントアップ(笑)」

ターザン「ギリガンという麻薬売買組織のボスのおっちゃんが主人公のヴェロニカ・ゲリン(ケイト・ブランシェット)を殴ったシーンがあったでしょ。オレはあそこで目が覚めたよぉ。あのシーンは異常だったねぇ」

歌枕「まず山本さんはヴェロニカに対して、どのように思いました?」

ターザン「彼女は子供がいるのにさあ、母性本能よりも仕事を優先しているわけでしょ。そういう分裂した自我を持っている点では、今の世の中で働いてい女性たちに通じる部分があるよね。だから、母親にはまったく見えなかったよぉ!」

歌枕「ヴェロニカはジャーナリストとして、麻薬組織と戦い殺されたわけですが…」

ターザン「その理由は、ラストシーンを見れば一目瞭然ですよぉぉぉぉ! 結局、彼女というか女性は20世紀まで社会的な活動に関しては、仕事を含めて何も参加できなかったんですよ。そのため、女性たちは仕事に関する免疫力がないと言えるんだよね」

歌枕「免疫力?」

ターザン「男だったらさ、仕事の要領とかがさ、今までの歴史の中で自然と身に付いているものなんですよぉ。そうすると、ヴェロニカの行動は非常に幼稚なんだよぉぉぉぉぉ!」

歌枕「えっ、ジャーナリスト魂に燃えて、取材している彼女が?」

ターザン「女性は今まで仕事に付いたことがないから、仕事を美化してしまって、舞い上がってしまうんだよね。そうなると、正義感を貫かないといけないから、彼女みたいに突っ走っていくしかないんだよぉ。男みたいに世の中はこんなものだという染み付いているものがあったら、『適当にやればいい』みたいなものが知恵としてあるんだけど、女性たちは未経験なぶん、その仕事に対して、一直線にその情熱が向かってしまうんだよぉ」



ヴェロニカの死は野垂れ死にではないよぉぉぉぉ!

歌枕「ああ、なるほど〜」

ターザン「だから、ヴェロニカの人生は行動としては『ジャーナリストはこうあるべきだ』というような主張と論理が言行一致なんだよぉぉぉぉ! 一方、オレたち野郎(男性)の人生はというと、思いっきり言行不一致なんだよな(苦笑)」

参加者たち(全部野郎)「(爆笑)」

ターザン「しかし、その言行不一致はオレたちの逆に知恵なんですよぉぉぉぉ!」

歌枕「知恵(笑)」

ターザン「その点でいうと、ヴェロニカは100年遅れてますよぉぉぉぉ!」

参加者たち(全部野郎)「(爆笑)」

ターザン「仕事に関する意識が100年遅れているこそ、逆に真実をクソ真面目に追求することができると言えるんだけどね。彼女が赤いスポーツカーをぶっ飛ばして、ケータイでべちゃくちゃしゃべっているシーンがあったけど、あれなんか漫画的な幼稚さだよなあ。初めて仕事を持った人の喜びというかさ」

歌枕「自分に不利な裁判(駐車違反)をうまく乗り切ったという解放感もあったんでしょうけどねぇ」

ターザン「最初の話に戻るけど、ギリガンがヴェロニカを殴った理由は、今まで培われた男性的社会原理に基づいて、『お前(ヴェロニカ)は、こんなこともわかってないのか!』という意味だったんだよぉぉぉぉ! 殴ったおっちゃんの側にも理由があるんだよぉぉぉぉ!」

参加者たち(全部野郎)「ああ〜」

ターザン「そもそも世の中を変える革命というものは、ヴェロニカみたいに擦れていない、ピュアな人がするもんなんですよぉ。まあ、そうは言っても、ほとんど世間では大多数の人たちの言行不一致人生が正しいんだけどね」

歌枕「長いものに巻かれろってことですね。ところでヴェロニカは赤いスポーツカーの中で、殺されてしまったわけですが、あの彼女の死は野垂れ死になるんでしょうか?」

ターザン「あれは野垂れ死にではなくて、殉死ですよぉ。野垂れ死にと言うのはね、人生の酸いも甘いも噛みしめたある種の予定調和の中から起こるものなんだけど、彼女の場合は、こういうことは有り得ない≠ニいう不条理な形で殺されているから違いますよぉぉぉぉ!」

歌枕「不条理な形?」

ターザン「彼女は完全な言行一致人生なわけだから、あの死は不条理だと言えますよぉぉぉぉ! だから彼女の死が美化されて、初めてその後のアイルランドが変わった(※)わけですよぉぉぉぉ! しかし野垂れ死っていうのは、もっとどす黒いというか、酸いも甘いもドロドロと絡み合っているなかで、生命がむなしく尽きることだとオレは思うからね」

※ヴェロニカ・ゲリンの死後(1996年6月26日)、民衆が立ち上がりアイルランドの法律が改正。そして麻薬売買組織のボスであるギリガンなどが逮捕された。



ご参考までに)

http://www.movies.co.jp/veronica/">『ヴェロニカ・ゲリン』‐公式HP

<『ヴェロニカ・ゲリン』映画評>

http://www.walkerplus.com/tokyo/latestmovie/mo2619.html">『MovieWalker』

http://moviessearch.yahoo.co.jp/detail?ty=mv&id=319350">『YAHOO!MOIVE』



ターザン情報)

http://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/sch/2004/20040612155053.htm">第9回シネマイッキ塾(本日開催)

http://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/sch/2004/20040619200031.htm">杏仁豆腐の会(来週開催)

http://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/j/books.htm">『元気が出るアジ語!』(一部立ち読みできます)

★6・27http://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/sch/2004/20040627120001.htm">一揆塾IN静岡

http://www.fuketakashi.com/">プロレス放談(絶賛配信中)

★ターザン山本執筆http://www.mainichi-msn.co.jp/sports/battle/all-round/">『タイソン、曙裏を話そう』‐『MainichiINTERACTIVE』

http://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/sch/2004/20040708193039.htm">新一揆塾・二期生募集



<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.