スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

土曜の朝イチで見る映画は… by ダチキン

 年に何回か公開初日の朝イチで見に行くことがある。自分が好きな監督の新作が公開される時にいち早く見たいために初日に見に行くことは多いが、“朝イチで見に行く”というのはさらに特別である。

 待ちに待った新作ということだが、ここ1、2年はなかった。単純に土曜の朝は眠い。できれば10時くらいまで寝て、「王様のブランチ」を見ながら昼過ぎまでまったりするのが理想だ。

 しかし24日は違った。久しぶりに朝イチで見に行きたい作品の公開初日があった。朝7時半にベッドから飛び起き、急いで身支度をして、勢いよく外に出た。
 渋谷のシネマライズに着いたのは午前9時過ぎ。9時15分の回にはどうにか間に合った。

 お目当てはの映画は「ウェディング・ベルを鳴らせ!」。「アンダーグラウンド」で有名なセルビアの巨匠エミール・クストリッツァの新作である。

 2年前のカンヌ国際映画祭のコンペディション部門で上映され、それから約2年待たされた。フランスやドイツで公開された話はネットで見たが日本での公開の話はなかなか出てこなかった。

 唯一、海外で公開した時の予告編をYouTubeで見つけたのでしばらくはこれを見て日本での公開を待っていた。


 さて、その待たされたクストリッツァの新作は海外での評判通りシンプルな作品だ。それでも動物の使い方やバルカンブラスの音楽、マフィアやアウトローによるアナーキーさなどクストリッツァらしさは健在だ。


 ストーリーは田舎で祖父と暮らす少年ツァーレが都会に行き、祖父の三つの約束を果たすというもの。三つの約束の中には自分の嫁を見つけるという項目があり、これがメインになる。

 いままでのクストリッツァ作品と違う点では機械やトラップなど仕掛けが多いところだ。田舎に似合わない望遠マシーンや強制目覚まし装置、手製の催眠装置の他、随所で計算されたカラクリが見られる。

 さらにはアメリカかぶれの地上げ屋を悪役にし、反アメリカ的なものが感じられる。金の力で区画整理をしたり、用心棒を雇おうとしたり、ツインタワーの貿易センタービルを作ろうとするなどどことなくアメリカに対するあてつけに見える。

 その地上げ屋のボス役をミキ・マノイロヴィッチが演じている。「パパは、出張中!」や「アンダーグラウンド」で主役を演じたクストリッツァ作品の常連で、最近では「やわらかい手」で風俗店の店主役が記憶にある。今回は悪役で、しかもコミカルだ。


 久しぶりに朝イチに見て、期待通りの出来で実に気持ちいい!次に朝イチで見るのはラース・フォン・トリアーの「Antiechrist」かペドロ・アルモドバルの「Broken Embrances」か?これだから映画マニアはやめられない!

<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.