スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

日常の身近なところにある冒険 By ダチキン

 ノルウェーの映画「ホルテンおじさんのはじめての冒険」は、そのタイトルからしてどこかサラッとした笑いに満ちた作品だ。監督は「キッチン・ストーリー」のベント・ハーメル。

 主人公のホルテンおじさんは鉄道員として40年間働いている。ストーリーは彼が定年退職をする前後の話になる。

 規則正しく、真面目に生きてきたホルテンおじさんが日常の落とし穴にはまったところを見るのだ。

 うっかり人の家に入ってしまったり、サウナに取り残されたり、これらをドタバタではなくサラッと流す。

 よく見ると、やっていることは住居不法侵入だったり窃盗だったりするが、それほど悪くは見えない。もっともそれが悪意のない行為なので罪悪感がないのだ。

 もう一つ、この映画で大切なのは「はじめての冒険=一歩踏み出すこと」である。

 ホルテンおじさんはどちらかというと「一歩踏み出すこと」が苦手なタイプだ。67にして独身であることも、少年時代にスキージャンプをやらなかったのも、この性格にある。

 路面凍結した坂道のシーンで躊躇しているところも、いかにも彼らしい。また、誘いにのらないのも同じことだ。

 一歩踏み出すことで、踏み出さないでいるよりは絶対に面白くなるはずだ。その方が後悔をしないですむし、たとえ落とし穴にはまってもなんとかなるのだ。

 つまり、一歩踏み出すこと=冒険とは常に身近にあり、それを踏み出すかどうかで自分の中の日常が変わるのだ。

 とにかく、変わりない日常を送っていて「つまらない」と思うくらいなら、スキージャンプをするような冒険に踏み出せ、ということだ。

 ところでこの映画は、渋谷のBUNKAMURAの中のル・シネマでやっている。なかなか上品な感じのする映画館です。


ターザンカフェより)

★2009.04.06 mon at.LOFT PLUS ONE
格闘技トーク最強タッグ!!
ターザン山本と吉田豪の格闘二人祭!! 〜09'春〜

全格闘技ファン絶対必見!!
話題騒然の格闘技トーク最強タッグ、ターザン&豪が毎回乱入するマル秘豪華ゲスト達とシュートで激突する大ブレイク暴走ガチンコ格闘技トークバトル!! 今回は誰が乱入するのかっ!?

【出演】ターザン山本&吉田豪、豪華マル秘ゲスト達乱入!!
Open18:30/Start19:30
前売¥2500/当日未定(共に飲食別)
前売はローソンチケットにて3/6発売開始
【L:33798】


<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.