スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

そうかなるほどな。映画『天気の子』の全編を覆っているトータルイメージは貧困だったか?

 やっぱり人とは映画を見た感想を言い合って見るべきだな。アニメは基本、ファンタジーである。現実とは違う架空の別世界を描くもの。

 まあ、早い話“絵空事”のことである。絵空事ほど心地いいものはない。それがアニメの特権でもある。『天気の子』にはこの絵空事感が欠けていた。

 監督がそこに振り切っていないのだ。その結果、どうなったかというと貧困という概念がボディーブローのように伝わって来た。

 全編、貧困のイメージ。あの雨がその象徴でもある。主人公の子供達、少年、少女は貧困呪縛の世界に巻き込まれている。こんな見方もありだなと思った。

ターザンカフェより)

※ターザン山本!のツイッターアカウントはこちら!
https://twitter.com/tarzany

<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.