スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

創刊20周年なのに“競馬最強の法則”はえげつない特集をしているのだ

   きのう9月13日「競馬最強の法則」が発売された。ちょうど創刊20周年だというので、どんな企画、特集をしているのか興味を持ってみたらなんと“地獄の早耳”をワイド版でどかんと組んでいた。

   これってさあ、競馬界のスキャンダルや事件を取りあげる一種の暴露ネタなのだ。たとえば武幸四郎騎手が居酒屋で殴られたというニュースが伝わると、それについて“最強”は詳しく記事にしてしまう。

   普通は避けて通るんだけどなあ。だって競馬の世界は完全な村社会だもん。暴露記事についてのジョッキーの拒否反応はものすごいものがある。

   しかし“地獄の早耳”はこの雑誌の売りもの。競馬ファンもスキャンダルネタには当然、興味を持つ。

   競馬界の裏側はやっぱり知りたい。そういう願望はファンの側にもある。よって創刊20周年の記念号に“地獄の早耳”をいっぱい載せたのだ。

   まったく腹がすわった編集方針だ。たいした根性、エディタースピリットだ。ただそれをやると騎手は“最強”を取材拒否してくる。

   インタビュー取材ができないというデメリットが出てくる。

   でも書きたいことを書く。読者のニーズにこたえていく誌面を作る。要はどっちを取るかだけなのだ。

   もうちょうちん記事には飽き飽きしているので“最強”の生き方はユニークで面白いよ。

<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.