スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

ついに4歳馬の逆襲が始まった・・・

 今年にはいって古馬の重賞レースはいずれも6歳馬、もしくは7歳、8歳の高齢馬が大活躍してきた。

 明け4歳馬は一体、何をしているのだとなってしまう。本来ならその明け4歳馬の天下になるはずなのだ。

 先週、やっと4歳馬のレッドスパーダが「東京新聞杯」を快勝。これが土曜日だった。

するとその翌日の二つの重賞「京都牝馬S」と「根岸S」も4歳馬のヒカルアマランサスとグロリアスノアが勝った。

 馬券党としてはこういう流れの変化を読むことが一番大事。そうしたら「根岸S」の3連単、10万馬券はあっさり取れていた。

 まあ、それもあとから気付くということである。それをいかに前もって先に察知するか? それが馬券の勝利に大きく影響してくるのだ。

<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.