スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

「宝塚記念」総括。

・武豊のプライドはもうずたずたになっているはず。

 

 「宝塚記念」は狙っていた馬、ポップロックは3着だった。

 3着にはいれば複勝、ワイド、3連複、3連単は一応ひっかかってくる。

 予想は「当たり」と言わざるを得ない。

 アドマイヤムーンから降ろされた武豊の一発リベンジはあるかと思ったが、ムーンに乗り代わった岩田騎手が見事に勝利をもぎとった。

 これって1年前なら絶対に考えられなかったことだ。武豊のプライドはもうずたずたになっているはず。

 恐ろしいことだ。その乗り代わりを実行に移した「アドマイヤ」の近藤オーナーは、すごい神経の持ち主といってもいい。

 日本の競馬界の常識を完全に破った。

 まあ、武豊としてはあの香港で敗れた3着のレースは、乗り方に疑問が残った。

 あれはだめだよ。香港ではあの直線大外の「ユタカロード」は通用しない。

 近藤オーナーが怒るのも当然だ。

 とにかくレース後の印象は「武豊は今後どうなるのだ!」のそれしかなかった。

 ボク的には馬券は買わなかったし、家でテレビを見ていたが、今年の上半期を締めくくる大一番のG1レース。その主役は、実は武豊だったのだ。

 ウオッカに関しては、人がやれないことをやる挑戦魂を取るか、それとも神話作りに固執するのか? 

 陣営は前者を選んであっけなく大敗してしまった。

 これも結果だから仕方がない。神話というのは、ボロを出さないようにする。あえて無理をしない。そして用心深く、危険な賭けは決してしない。

 ウオッカの「宝塚記念」挑戦はそれをみんなやってしまった。

 あ〜あの世界だが、まあそれもいいんじゃないかな。

 これで「ダービー馬」が「宝塚記念」に挑戦することが大きな事実になった。

 その功績には絶大な拍手をおくりたい。



<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.