スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

「安田記念」予想。

・競馬は超抜思想でいけ!

 

 今週はいよいよ春のG1シリーズの最終戦、「安田記念」だ。

 今年のG1はなぜか3連単が大荒れ。100万馬券が続出した。

 これはどういうことかというと予想の圏外になっている馬が、3着以内に飛び込んできたからだ。

 もしくは1着になったり2着になったりしている。

 要するに人が予想すると結果的にそれは「平凡な結論」「常識的な結論」「まっとうな結論」になってしまうのだ。つまり「予想は悪」なのだ。

 今回の「安田記念」は出走メンバーを見渡すと、軸になるような馬はいない。

 せいぜいダイワメジャーとスズカフェニックスの2頭か? 前者が安藤勝、後者が武豊が乗る。

 2人とも最近どうも流れがよくない。はっきり言ってこの「安田記念」はどんぐりの背比べだ。しかもよく実体のつかめない香港の馬が4頭も来ている。

 彼らが強いのか弱いのかわからない。しかし「安田記念」に関しては香港の馬は好成績を残している。

 さて、私の考えは「競馬は超抜思想でいけ!」である。超抜とは超抜群のK点超え発想のことである。

 予想無視だ。そんな悠長なことをやっていたら根こそぎ持っているお金を持っていかれる。

 それが超抜思想でいくと狙い馬はズバリ、牝馬のジョリーダンス。

 牝馬が大活躍したG1シリーズ。そのラストを締めくくるのもやっぱり牝馬だ。

 そしてこの馬に乗っているジョッキーは、なんと先の「オークス」で早仕掛けをして大漁を逸した秋山騎手。

 その組み合わせが面白い。やったれ、秋山。ここで「オークス」の屈辱と悔しさをぶっ飛ばすのだ。

 リベンジしかない。死んだふりをしてゴール前、追い込みを決める。痛快だ。

 さらにジョリーダンスの馬主は俳優の小林薫さん。

 ウン、このストーリーはよくできている。もうジョリーダンスしかないよ!



<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.