スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

1月6&7日開催総括。

・プロはノンポリではだめ。自己を強烈にアピールすることが、ジャンル自体に刺激と活性化現象を起こしていくのだ。

JRAの2007年はなんと最初の三つの重賞レースを勝ったのは柴田善臣と田中勝春の関東のジョッキーだった。

勝春なんか去年、勝ち星が大幅に激減。若手にとってかわられる中堅騎手になったと思ったら、中山の「金杯」と「ガーネットステークス」の二つをぶっこ抜いてしまった。

柴田騎手はわざわざ年始から関西に遠征。マイネルスケルツィで今日の「金杯」を逃げ切った。まったく狂い咲き(失礼)ではないか?

この2人に共通しているのはリーダーシップの精神がまったくないこと。とにかくマイペース。関東の競馬をつまらなくしている一因はそこにある。

プロはノンポリではだめ。自己を強烈にアピールすることが、ジャンル自体に刺激と活性化現象を起こしていくのだ。

すべては人≠ナある。人の魅力なくしてエンターテインメントに魅力なしなのだ。

善臣は万年大関クラス。カッチー(勝春)は三役止まり。早く若手騎手ですごいヤツが出て来て欲しい。

それをボクは切に望んでいる。



<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.