スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

「フローラS」など総括。

・フィフティーワナーはダート界の新星誕生としてこれから無敵に勝ちまくっていくこと間違いないとみた!

「オークス」のトライアルレース「フローラステークス」にはがっかりした。

1着から14着までが2馬身ちょっとの差しかなかった。大混戦というかどんぐりの背比べというべきか。はっきり言ってしょっぱかった。

18頭出走していた馬で2勝馬以上は6頭しかいなくて、あとの12頭はすべて1勝止まりの馬。これではレベルが低いと言われても仕方がない。

「桜花賞」組と比較したらその実力の差はもう歴然としている。その「桜花賞」組で唯一、出走していたのがテイエムプリキュア。7着に惨敗してしまった。

このメンバーなら楽勝していい馬なのだ。結局、レースは前にいった方が4着まで独占。それも1、2、4着は枠順的に1、2、3番枠だった。

東京コースの芝の2000メートルは内枠が絶対有利なのだ。「オークス」ではこのトライアル組の上位3頭はすべて切り≠セ。馬券的にははずして考えるのが正解と見た。

G1レースでは無理だ。「オークス」にはなんの参考にもならない。そのかわり馬券的には面白いとなる。

だから馬単で5万9千円。3連単で68万円馬券になるのだ。「フローラステークス」は不確定要素が100パーセントのレースだったということである。

京都競馬の「アンタレスステークス」はフィフティーワナーの逃げで驚異的時計である1分49秒で走られたらほかの馬はもう完全にお手上げだ。後続馬はなすすべがなかった。

2着との2馬身半は決定的な差といえる。2、3着馬が先行流れ込み、逆に4、5着の馬が仲良く最後方を進んでいた馬が突っ込んできたというわけだ。

道中、11秒台が3回。あとの6回の1ハロンはすべて12秒4以下。きわめてレース的にハイレベルの内容。

フィフティーワナーはダート界の新星誕生としてこれから無敵に勝ちまくっていくこと間違いないとみた!



<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.