スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

06年「桜花賞」総括。

・トライアルレースの充実度、中身の濃さがそのまま本番の実力勝負のレースに直結しているということである。

「桜花賞」の総括をしよう。

結果としてどうなったかというと、一連のというか直前のトライアルに勝った馬が、そのまま1、2、3着になった。

「フラワーカップ」(1800メートル)に勝ったキストゥヘヴンが1着。「チューリップ賞」(1600メートル)に勝ったアドマイヤキッスが2着。

「クイーンC」(1600メートル)に勝ったコイウタが3着。もっというなら「アネモネS」(1600メートル)に勝ったアサヒライジングは4着なのだ。

そして1400メートルのトライアル「フィリーズレビュー」に勝ったダイワパッションはなんと16着に惨敗した。

この4連勝したダイワパッションは一度も1600メートルのレースを走っていないのだ。

だからマイル(1600メートル)の「桜花賞」はレース自体が非常にきびしい内容になる。テン、中、しまいが共にしっかりしている馬がないと、とてもこのタフなレースは乗り切れない。

そのためには早いうちから1600か1800メートルのレースにならしておく必要がある。それを読んで使ってきた馬が「桜花賞」の上位4着を独占したのだ。

トライアルレースの充実度、中身の濃さがそのまま本番の実力勝負のレースに直結しているということである。

これは馬券作戦のヒントになるはず。もう一つのヒントは血統にある。ここ10年間、サンデーサイレンスという種牡馬のひとり天下だった。しかしサンデーも今は亡くなっていない。

1着、サンデーの仔のアドマイヤベガの子供。2着はサンデー自身の仔。3着はサンデーの仔のフジキセキの産駒。同じく4着の馬もサンデーの仔のロイヤルタッチの子供。

これからはサンデーの子供たちの種牡馬が、活躍する時代に突入したのだ。これも一つのキーワードになるのではないのか?

まあ、馬券は取れなかったらどんな能書きをいっても説得力はない。

千六と千八のトライアルを勝った4頭ボックス買いをしていたら、そのまま1着から4着までパーフェクトに的中。三連単2万7千円馬券もあっさり的中していたのだ…。

ターザンカフェより)

※4月16日(日)12時15分より、「復活!KEIBAイッキ塾」を開催します(集合場所…中山競馬場内ハイセイコー号馬像前。イベント終了後、「勝ち組」の会(祝勝会)&「負け組」の会(反省会)あり。詳細はhttp://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/sch/2006/20060416121531.htm">コチラから)。

※Ayumiさんの「桜花賞」の予想が的中しました!(◎キストゥヘヴン<1着> ○アドマイヤキッス<2着>)



<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.