スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

馬場さんは実は陰の裏業師である

 私はたしかに“SUPER SHOW”というロゴを馬場さんから見せられた。それは日米3団体による東京ドームの興行のイベント名である。

 WWFが考えてそれを全日本プロレスの馬場さんの所に送ってきたのだ。WWFはすでにプロレスは真剣勝負ではありません。ショーですとはっきり宣言していた。

 そのことをカミングアウトして現在のエンターテインメントとしての確固たる地位を逆に築いた。

 しかし日本のプロレス団体は今でもそれができない。真剣勝負ではないと言ってしまったら即八百長と思われてしまうからだ。

 どうしてもそのリンクに負けてしまうのだ。アメリカでは真剣勝負とショーは同等の価値があると考えている。だから「ショーほど素敵なものはない」という言い方がある。

 それは日本人には無理だ。なぜか真剣勝負を絶対視する。その幻想、トラウマにとらわれている。

 私からすると真剣勝負を見せ物にすること自体がおかしい。見せ物になった時点でそれは明らかにショーなのだ。

 馬場さんは“SUPER SHOW”のロゴをWWFに突き返した。やり直ししろと命じたのだ。

 その結果、双方の妥協案として“レスリング・サミット”というコピーが採用されたというわけである。

 これは馬場さんの一流の駆け引きでもある。実は馬場さんってそういうことが好きな人でもあるのだ。

 相手のスキや問題点をついて自分が有利な立場に立とうとする。この件では完全に馬場さんがWWFから一本取った。

 それはショーといったら日本ではまずいからというのが表向きの理由だが、本当のところはそれで格の違いを見せつけているのだ。

 意地悪いというか陰気というか、そういう馬場さんは陰の裏業師である。要するにそれだけプライドが高いということである。(つづく)

ターザンカフェより)

※本日、「煩悩菩提日記」を更新いたしましたが、サーバーメンテナンス中の為、“NEW”マークが表示されておりません。ご了承下さい。

<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.