スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

石巻のファンの前で語った馬場・猪木論とは?

   石巻でプロレスのトークショーをやったのだが、その時のテーマは馬場・猪木論。この2人には共通点がある。

   その一つはコンプレックスだ。といっても馬場と猪木ではコンプレックスの内容がおのずと違う。

   馬場は体が大き過ぎることが逆接的なコンプレックスになっていた。人間はないものねだりをする生き物である。彼は普通の人になりたかったのだ。

   一方、猪木は世の中や社会に対して強いコンプレックスを抱いていた。世間を見返してやりたいという強い感情のことである。

   馬場的コンプレックスはきわめて私的で内省的である。猪木は違う。見栄と虚栄心が前面に出てくる攻撃的な性格である。

   コンプレックスは人によってそれは生きる活力やパワーに変身する。もう一つ2人に特徴的なことは“純愛”である。女性に対する感情はこの点では似ていた。

   馬場さんにとっては元子さん。猪木さんにとっては美津子さんである。それをいうとトークショーに来ていた人はみんな笑った。

   まさかこの時代に“純愛”という言葉を聞くとは思ってもいなかったからだ。それもプロレスラーの馬場と猪木の話でである。だから面白いのではないか。

<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.