スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

グローバリズムとは買収ビジネスのことである

   グローバリズムとは巨大資本の力によって、買収を徹底的にやりマーケットをひとり占めすることにある。

   その恐ろしさを知っていたマクマホンは、全米のプロレス団体を吸収していき、グローバリズムに買収されない組織を先に作り上げた。

   それが現在のWWEだ。さすがマクマホンはアメリカの本質をよくわかっていた。このグローバリズムにまったく無知だったのが猪木と馬場である。

   2人はいうなれば新日本プロレスや全日本プロレスという団体の座長的存在。家内手工業の親方である。

   馬場さんはうすうす大資本の怖さを知っていたので鎖国プロレスをやった。どうせかないっこないと思ったからだ。

   一方、猪木さんの方は世界を意識していたが、それに対しての戦略はゼロ。猪木流ゲリラプロレスで日本の一部のファンを熱狂させたが所詮、座長の一代限りのレベルでしかなかった。

   これが日本のプロレスをここまで衰退させてしまった要因である。格闘技の世界もしかり。とにかくUFCの金の力はケタ違いだ。

<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.