スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

魔裟斗がいなくなってもK−1 MAXは面白い

 3月27日におこなわれたK−1 WORLD MAXの試合が、TBS系のテレビで放映されたが、それを見た人の評判がいい。

 たしかに当日、私は会場で全試合を見たが、大いに満足した。一つには選手が負けることを恐れていないことだ。

 3分3ラウンドの試合形式の中で思い切り相手にぶつかっていく。そこには攻めの姿勢がある。前に前に出ていってファイトする。

 そうしないと観客は退屈する。面白くない。ファンからすると“攻防”のある試合がベストなのだ。

 それがつまりいい試合を提供するということである。それと自分が“勝つ”ことを両立させる。

 格闘技の勝負論がエンターテインメントになるのはそれしかない。Krushの基本精神、コンセプトはそれなのだ。だから今回のMAXはKrush的だったといえる。

 勝ちだけにこだわらないファイト。でも勝つことが大事。選手もわかってきた。MAXはこれからもおすすめだ。

<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.