スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

内藤vs亀田戦を見たらKrushの凄さがあらためてわかる・・・

 まだ見ていないがスポーツ新聞に「週刊文春」12月10日号の広告が出ていた。そこに“東洋レベル”とガッツが吐き捨てたという見出しがあった。

 やっぱりなあ。大見出しは「亀田興毅ショボすぎた“カメ作戦”」とある。面白そうだ。すぐに買って読もう。

 ところで今年の格闘技界でMVPは、私的には断然、Krushの一連の興行である。特にライト級のグランプリはドラマ、ドラマ、ドラマの連続だった。

 ファイナルラウンド、11月2日、後楽園ホールでの準決勝、決勝の試合はもう言うことなし。どの試合もしびれっぱなし。

 とにかく選手は負けを恐れない。常に積極的に相手を倒しにいく。そのファイティングスピリットが素晴らしいのだ。

 だからリングの試合とそれを見ている観客との間に“一体感”がある。それを私は観客論のある勝負論と呼んでいる。

 内藤vs亀田戦には勝負論はあったが観客論はなかった。それは不毛なのだ。視聴率が43パーセントもあったのにあんな試合をするとは犯罪である。

<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.