スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

北岡悟が廣田瑞人に負けてしまったのだあ

 北岡が廣田にKO負けしたシーンを見れたのは、まさしくぜい沢な経験だった。だから試合は絶対にライブを見ろなのだ。

 まさかあの無敵の強さを誇った北岡があんなにあっさりと、しかも何も自分の良さを発揮しないで負けてしまうとは。

 結果、ライト級のチャンピオンベルトはあっけなく失ってしまった。王座転落。しかしそれには伏線があった。

 あらゆることにいえるのだが勝ち続けることは、それ自体が問題となるのだ。つまり勝ちパターンを読まれるからだ。

 絶対的勝ちパターンを持っているから北岡も勝ってきた。一瞬の寝技に持っていけばすぐに勝てた。

 しかしもしそれを阻止されたらどうなるか? 今回の廣田がまさしくその手に出た。すべて北岡のタックルをきった。

 こうなると北岡は岡にあがったカッパと同じ状態になる。早い話、常勝チャンピオンであったはずの男が、ただの格闘家に転落だ。

 それでも北岡は何度となくタックルを繰り返す。それが最悪だった。廣田にとっては思い通りの作戦。

 戦前、陣営が描いていた通りの展開になったというわけだ。つまり強いヤツはすぐに敵に研究されるということだ。

 得意な手をみんな読まれてしまう。それが自滅の論理につながっていくのだ。廣田は当日のパンフレットに「1ラウンドさえもてば自分に勝機がある」とはっきり語っている。

 全部、お見通しというわけだ。北岡は勝ち過ぎて自身が“裸の王様”になっていることに気が付かなかった。

 あんなみじめなことはない。私だったら自我が崩壊する。えらそうにしていた自分に対してどう向き合えばいいのかである。

 廣田は偉い。君がこの日のもうひとりのMVPだよ。おめでとう。本当に面白い試合、面白いシーンを我々に見せてくれた。

 ありがとう。「戦極」の興行に来てよかったよ。バンザーイだ。

<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.