スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

小比類巻VSオロゴンのカードそのものがNGだ!

 きのうの続きを書く。はっきり言って、小比類巻の試合は見ていてつまらない。面白くない。イライラする。

 その理由は簡単だ。彼は相手を見ながら試合をする。だから自分のほうから先に手(パンチ)や足(キック)を出すことはない。

 それはそれでキックの試合としては間違っていないのだが、「K−1」はお客にとっては“見るスポーツ”なのだ。

 お客にどう評価されるかがすべて。だから3分3ラウンドの限られた時間(合計9分)の中でいかにアグレッシブにファイトしていくかが求められている。

 ムエタイとか日本のキックボクシングは通常5Rなのだ。ムエタイ好きのファンにとっては、その方が面白い。

 より専門的に見て楽しめるからだ。だが「K−1」は違う。とにかく一般の素人のファンが見て納得できる試合をしてもらわなくては困るのだ。

 小比類巻にはそういう意識が“プロ”としてまったくない。アンディ・オロゴンと試合をした1回戦のファイトは他の1回戦3試合に比べて、もう最悪。

 お互いが3R中ずっとクリンチのしあい。あれって、試合を見に来たファンに対して大変に失礼なことなのだ。

 だいたい小比類巻VSオロゴンのカードを組んだこと自体がもうダメ。あれって、キャラクターファイト。

 私がプロデューサーだったら、スペシャルマッチの方にまわす。この扱いで十分だ。以前、小比類巻がオロゴンに負けているのでそのリベンジという設定だったが、その考えそのものが古臭い。

 リベンジなんかどうでもいい。こうして小比類巻は減量に失敗したオロゴンが減点1で勝ちを拾った。それもまたしょっぱい話である。(続く)


ターザンカフェより)

★2009.04.06 mon at.LOFT PLUS ONE
格闘技トーク最強タッグ!!
ターザン山本と吉田豪の格闘二人祭!! 〜09'春〜

全格闘技ファン絶対必見!!
話題騒然の格闘技トーク最強タッグ、ターザン&豪が毎回乱入するマル秘豪華ゲスト達とシュートで激突する大ブレイク暴走ガチンコ格闘技トークバトル!! 今回は誰が乱入するのかっ!?

【出演】ターザン山本&吉田豪、豪華マル秘ゲスト達乱入!!
Open18:30/Start19:30
前売¥2500/当日未定(共に飲食別)
前売はローソンチケットにて3/6発売開始
【L:33798】


<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.