スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

格闘技をなめるな! 勝利と敗北の意味を誰もわかっていない!

 今年の「Dynamite!!」には目玉のカードがない。大晦日にやるような魅力的な番組になっていない。

 だから、私は会場のさいたまスーパーアリーナには行かない。テレビで十分だ。いまさらなぜボブ・サップなのだ?

 アンディ・オロゴンだってそうだ。まったく、あれではバラエティ格闘技である。話にならない。格闘技が打倒・紅白をめざして頑張っていた頃がなつかしい。

 ボクシングの内藤VS山口戦を見ろ! ボクシングの世界戦は興行をワンマッチで見せる。それが格闘技の基本なのだ。

 ワンマッチで見せる究極の勝負論にファンは興奮するのだ。勝つか? 負けるか? やるか? やられるか?

 オール・オア・ナッシング。そこでは試合はいつだって“一発勝負”。そもそも、リベンジマッチというのは格闘技の世界ではあってはならないのだ。

 1回の勝負をすべてとする。なぜなら負けは“死”を意味するので、リベンジという考えそのものが本来はナンセンスなのだ。

 武士における決闘とか果たし合いをイメージすれば、それはすぐにわかること。今の格闘家がダメなところは負けの持つ意味をなめていることだ。

 負けたら死ねである。私はそう言いたい。「勝者には何もやるな」と言ったのは、作家のアーネスト・ヘミングウェイ。

 それは勝利という絶対性の前では、賞賛も商品も賞金もトロフィーさえも必要ないのだ。ヘミングウェイはいいことを言うよな。

 そして敗者は消えろである。それは勝者への仁義であり、礼儀でもある。ボブ・サップやオロゴンにそんなこと、期待できる?

 格闘技をなめるなだ!


ターザンカフェより)

★2009.01.05 mon at.LOFT PLUS ONE
格闘技トーク最強タッグ!!
ターザン山本と吉田豪の格闘二人祭!! 〜09'賀正〜
全格闘技ファン絶対必見!!
話題騒然の格闘技トーク最強タッグ、ターザン&豪が毎回乱入するマル秘豪華ゲスト達と
シュートで激突する大ブレイク暴走ガチンコ格闘技トークバトル!! 今回は誰が乱入するのかっ!?
【出演】ターザン山本&吉田豪、豪華マル秘ゲスト達乱入!!
Open18:30/Start19:30
前売¥2500/当日未定(共に飲食別)
前売はローソンチケットにて12/05発売予定
(Lコード:31422)


<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.