スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

遅ればせながら“戦極”の興行を初めて見て来た!

 9月28日、代々木第一体育館で「戦極」の試合を見た。旗揚げから5回目の興行だったが、私はこれが初めての観戦。

 格闘技は面白い。まず、どんな選手がいるのか? どんな試合を見せてくれるのか? その興味と好奇心を刺激してくれる。

 これは重要である。彼らの闘いぶりを勝負論とダブらせてみるのが、私にとっては最大の楽しみなのだ。

 選手のコンディション。顔つき、その表情。ファイティングスピリットとガッツ。それに人それぞれのファイトスタイルとその特徴。

 もちろん技術もチェックする。だから、私としては入場のシーンから選手の技量と能力を査定する。

 想像すると言った方が正しい。それで、どちらが勝つのかを自分なりに予想するのだ。そのため、すごく頭を使う。神経を集中させる。

 脳が活発に動く。これは頭の体操にもいいはずである。格闘技の楽しみ方に何が必要かと言ったら、この「想像力」である。

 単にどちらが勝つのかだけを見に行ったらもったいない。つまらない。それよりも、見る側が想像力を張り巡らして試合を見ていると、そこに“意外性”“ハプニング”“驚き”“失望”がある。

 それがいいのだ。私は格闘技の試合ではそれを楽しんでいるのだ。それに加えて、選手には“男の生き方”まで求める。期待する。

 これで私の“観戦劇場”は完璧である。リングが選手にとって戦場であり、劇場であるとしたら、観客席にも“観戦劇場”があるのだ。

 この日「戦極」は全8試合だった。うん、ちょうどいい試合数だった。そこで私が何を感じたのかは、あした書く。(続く)



ターザンカフェより)

★格闘技トーク最強タッグ!!
ターザン山本と吉田豪の格闘二人祭!! 〜08'秋〜
全格闘技ファン絶対必見!!話題騒然の格闘技トーク最強タッグ、ターザン&豪が毎回乱入するマル秘豪華ゲスト達とシュートで激突する大ブレイク暴走ガチンコ格闘技トークバトル!! 今回は誰が乱入するのかっ!?
【出演】ターザン山本&吉田豪、豪華マル秘ゲスト達乱入!!
2008.10.13 (月) Open18:30/Start19:30
前売¥2500/当日未定(共に飲食別)
前売はローソンチケットにて9/13発売開始
(Lコード:37942)http://gosan.cocolog-nifty.com/

★ ターザン山本! のポッドキャスト:http://tarzanpod.cocolog-nifty.com/blog
★ 有限会社ターザンギャルドHP http://www.tarzan-garde.com/index.html



<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.