スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

コンプレックスとジェラシーがプロレスラーの二大アイデンティティだ!

 きのうの続きを書く。プロレスラーをひと言でいうと、彼らはコンプレックスの塊である。そう考えたら一番わかりやすい。

 一つはジャンルとしてほかのスポーツと比べた時、社会的に認知されていないからだ。これは仕方がない。

 なぜなら、プロレスはスポーツではないからだ。スポーツであるわけがない。存在が人々の娯楽のためにあるからだ。

 そこでは勝負よりも表現力がすべて。もっと言うなら、スポーツは勝負をリアリズムと考えるが、プロレスにおける勝負はフィクションなのだ。

 誤解されてしまうので、リアリティーと言い換える。リアリズムとリアリティーの違いがそこにはある。それをどう判断するかはファンにかかっている。

 私がプロレスラーだったら、リアリズムとしての勝負論よりもリアリティーとしての勝負論の方を上に考える。

 だが、世間はそうは考えない。前者を真剣勝負といい、後者を八百長と呼ぶ。これがプロレスラーがコンプレックスを持ってしまう最大の要因である。

 小川直也と北尾光司は、共に柔道と相撲というリアリズムの勝負の世界で頂点に立った人間である。

 それだけでもレスラーにとっては脅威の存在となる。そこにあるのはもうジェラシーしかない。

 ここで少し話が横道にそれてしまうが、少しだけ私に付き合って欲しい。すでに亡くなってしまったあるレスラーが私にボソリとこんなことを言ったのだ。

 それはJR渋谷駅の近くにある喫茶店で会った時のことである。(続く)



ターザンカフェより)

★格闘技トーク最強タッグ!!
ターザン山本と吉田豪の格闘二人祭!! 〜08'秋〜
全格闘技ファン絶対必見!!話題騒然の格闘技トーク最強タッグ、ターザン&豪が毎回乱入するマル秘豪華ゲスト達とシュートで激突する大ブレイク暴走ガチンコ格闘技トークバトル!! 今回は誰が乱入するのかっ!?
【出演】ターザン山本&吉田豪、豪華マル秘ゲスト達乱入!!
2008.10.13 (月) Open18:30/Start19:30
前売¥2500/当日未定(共に飲食別)
前売はローソンチケットにて9/13発売開始
(Lコード:37942)http://gosan.cocolog-nifty.com/

★ 9/27(土)18:00より、“シネマイッキ塾”をおこないます。課題「TOKYO!」
http://www.tokyo-movie.jp/
場所:喫茶室「ルノアール」ニュー秋葉原店
http://www.ginza-renoir.co.jo/renoir/index.html)参加費:1000円(映画代・
ドリンク代は自己負担)電話番号 03-3251-0210  所在地 千代田区外神田1-16-10
ニュー秋葉原センタービルB1
★ ターザン山本! のポッドキャスト:http://tarzanpod.cocolog-nifty.com/blog
★ 有限会社ターザンギャルドHP http://www.tarzan-garde.com/index.html





<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.