スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

今日、7月17日がどういう日なのか知ってる?

 そう、我等が“インテリモンスター”、ブルーザー・ブロディが今からちょうど20年前の1988年、プエルトリコでホセ・ゴンザレスに刺されて亡くなった日なのだ。

 その時、私はまだ42歳だった。若いよなあ。君たちの年齢から20を引いたら、みんな何歳になるの?

 ウン、37歳の人で17歳か。まだ君は高校生じゃないか。あの内博(ウチパク)さんだって大学生だからね。

 しかし、ブロディはなぜまた仲間のレスラーから殺されてしまったのだ? プエルトリコは危ないファンや客がいっぱいいるところだと聞いていた。

 普通、レスラーはどんなにリングで憎悪をむき出しにして闘っていても、それはあくまで四角いリングの中のこと。試合が終われば感情的なものはない。

 それより、自分が“いい仕事”ができたかどうかの方が気になる。これはベビーフェイス(正義)もヒール(悪役)も同じである。

 たしかに、ブロディはレスラーでありながら自分が演出家だと思っていた。それだけプロレスをエンターテインメントとして高く評価していた。やりがいのある職業と思っていた。

 とにかくハイプライドの持ち主。まあ、そういう人間に限ってひとりよがりという一面がある。人をバカにしたところがある。

 勝ち負けにもうるさい。プロモーターからすると使いにくい男。しかし、そういう男には逆にスター性がある。人気がある。

 刺されたのに助からなかった。すぐに病院に行けば、なんとかなっていたかもしれない。それがまた、ブロディの運命だったのかもしれない。

 ブロディのひとり息子は今、何をしているのだろうか? すでに20代後半のはず。バーバラさん(夫人)も現在はもう再婚している。

 ああ、やっぱりプロレスは記憶だけがプロレスファンのアイデンティティだ。フランク・ゴーディッシュ(本名)よ、今、君は天国で何を思う? 息子のこと? それとも大好きなプロレスのこと? どっちなのだあ。


ターザンカフェより)

★ 7/26(土)18:00より、“ビジュツイッキ塾”をおこないます。
課題「対決 巨匠たちの日本美術」(http://www.asahi.com/kokka/
東京国立博物館 平成館(http://www.tnm.jp/
場所:喫茶室「ルノアール」ニュー秋葉原店
http://www.ginza-renoir.co.jo/renoir/index.html
参加費:1000円(美術館代・ドリンク代は自己負担
電話番号 03-3251-0210
所在地 千代田区外神田1-16-10ニュー秋葉原センタービルB1

★ ターザン山本! のポッドキャスト:http://tarzanpod.cocolog-nifty.com/blog
★ 有限会社ターザンギャルドHP http://www.tarzan-garde.com/index.html


<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.