スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

8・26全日プロ総括。

・私は大満足したのだった。

 

 8月26日、両国国技館でおこなわれた全日本プロレスの興行はずばり、鈴木みのる対佐々木健介の試合はグッドマッチだった。

 あえてそれを「最高」とか「名勝負」とか「好勝負」とかいう言い方は避けた。

 そんな使い古された言葉を使ってしまうと、あの試合をつまらないものにしてしまうからだ。

 両国大会までみのるは健介の右腕を徹底的に痛めつけた。それってこの三冠戦に向けての完全なる伏線になっていた。

 それがプロレスである。もし誰かがそんなプロレスを古臭いと斬って捨てるなら、そいつはプロレスそのものを否定したことになる。

 バカ野郎である。伏線がなかったらプロレスにならないではないか? 伏線があるからプロレスは初めてアートになるのだ。

 わかっていないよなあ。そうしてゴングが鳴ったら今度は健介がみのるに対して怒りのヘッドロック攻撃を仕掛けた。

 なんとそれを15分間もやり続けた。それを観客は飽きたりしないのだ。むしろリングの試合を集中力でもって見ていた。

 「健介!」と声援をおくる。15分間、ヘッドロックに耐えたみのるは、やっとそこで初めて健介の痛めている右腕に容赦しない攻撃を続けていく。

 今度は10分間、右腕一本の攻撃。まったくよくできた試合である。

 30分を過ぎると、みのるはここぞとばかり腕ひしぎ逆十字で健介をギブアップに追い込もうとする。あぶない。タオル投入寸前だ。

 弟子の中嶋選手がエプロンに上がる。もう、これ以上の演出はない。あわや健介の負けかと思わせたが、まだそこから先があった。

 どうしても三冠ベルト奪取を悲願にしていた健介は8連発のラリアットでみのるをマットに沈めた。42分7秒の激闘。

 久し振りにクラシックスタイルの試合を見せてもらって私は大満足したのだった。

 この日だけ昭和のプロレスが復活した記念すべき日となった。

 ターザンカフェより)

 ※9月1日(土)19時より、「ひとこと(一言&人事)塾」をおこないます(場所…銀座・「ルノアール」ニュー銀座店。体験入門<初回>は1500円<ドリンク代含む>)。

 ※「格闘2人祭」は9月10日(月)です(入場前売券はローソンチケットにて発売中!)。



<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.