スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

「週ゴン」分裂戦争について(2)

・私は高見の見物である!



 GK(金澤克彦氏)が9月に出す本についてきのうの続きを書く前に宝島社から出た「UWF」のムック本が、すごく売れ行きがいいというのだ。ええ、それは信じられないな。

 もう23年も前の話だろう。とても売れるとは予想していなかった。実は私はそこで4本の原稿を書いているのだ。

 しかも人にあげたために手元にはその本がないのだ。しまったである。なんでも増刷になる勢いとか。いいことだ。

 さて、GKがプロデューサーとして出す創刊号のタイトルは「Gリング」という。そのチラシが面白い。傑作なのだ。

 (1)2年間の沈黙を破り、GK金沢(原文ママ)が本気で立ち上がった。

 (2)「ミスター・ゴング」竹内宏介は最高顧問に就任。

 (3)見せてやる! 俺たちの生き様とゴングの魂。

 (4)プロレスLOVEの伝道師「リング」イメージガールとして、夏目ナナ、レギュラー参戦!

 なんでも夏目ナナは「闘魂小町」というそうなのだ。「Gリング」とはGの魂リングという意味とか。

 またGKは声明文をチラシに書いていて、それもまた興味深いものがあった。

 「外から眺めていたゴングの風景。私利私欲だけに走るもの。混乱を極める人間関係。止めとなった社長の逮捕劇。しかしそんな話はどうでもいい。私の腹は決まっていたのだ。GK=ゴング金沢ではない。ゴングの魂・金沢である。ここに本気の同志たちが集結した。もうすぐ、魂のゴングが鳴る!」

 全文は載せられなかったので要約して引用した。定価880円。発売元は大都社。編集制作は株式会社LGC。

 どんなことになるんだろうなあ。もちろん私は高見の見物である。それが一番、気が楽で楽しいからだ。

 GK、お前は何をやらかすつもりなのだああああ!

 ターザンカフェより)

 ※8月17日(金)19時半より、「ひとこと(一言&人事)塾」をおこないます(テーマは「私の好きな場所、私の好きな風景」。場所…水道橋・「内海」。体験入門<初回>は1000円<次回から2500円>。飛び入りで参加OKです)。

 ※次回、「格闘2人祭」は9月10日(月)です(入場前売券はローソンチケットにて発売中!)。



<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.