スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

2・15「PRIDE武士道」横浜大会

山本宜久は人生をナメている!

「PRIDE」武士道、横浜アリーナ大会の試合をテレビで見た。ビデオで撮ってもらったものをあとで見たのだ。ミルコと試合をした山本宣久はひどすぎる。

何がひどいかというと、ミルコの左のローを右足に食った時、その食った部分を右手でポンと叩いてニヤッと笑ったのだ。

プロレスラーがよくやる「効いてなんかいないよ!」という余裕のポーズである。あのシーンを見て「こいつはアホだ。勘違いもはなはだしい。さっさとやられてしまえ!」とボクはそう思った。

まったく、何を考えてリングに上がっているんだと言いたい。 神聖な試合をけがしている。ボクが「PRIDE」のプロデューサーだったら、山本選手に厳重な注意をする。

いや、ペナルティーを課す。試合態度が不真面目だ。もし、あれでミルコを倒して勝っていたら許す。勝つどころかマットに長々とのびて失神に近い状態。格好悪いなんてものではない。何が武士道だ。武士道の看板に偽りありだ。

たとえ山本選手がそういう性格をしていても、ボクはあの態度は認めることはできない。 試合をなめているというか、人生をなめているよな。見ていて不快な気分になった。

「PRIDE」は武士道の意味をわかっているのだろうか? きちんとそれを定義して欲しい。ボクはそう言いたい。 武士道の名前を付けるなら、その原理原則をはずさないで欲しい。

ボクなら武士道はひとことでいえる。己を知ることだ。自分の力(能力)は自分が最もよくわかっている。その自分のことをわかっている人間をさして武士道精神というのだ。

だから武士道は美しいのだ。逆なことをいうと、自分のことをわかっていない人間は、ちっとも美しくない。みっともない。恥かしいだけの存在になってしまう。

日本には恥の思想がある。それは何もわかっていない人間にだけはなるよなという自分自身へのいましめからきている。自分の力をわかっていない人間は、間違った形の挑戦、チャレンジをしてしまう。

山本選手しかり、美濃輪選手しかり、郷野選手しかりだ。 自分より強い者に向かっていく精神はいい。しかしそこには謙虚さと尊敬(リスペクト)の念が欲しい。

試合前、大口を叩くのは武士道精神に反する。 ボクはそれを山本、美濃輪、郷野の“失神KO三人組”にそう言いたい。大口を叩くんだったら絶対に勝てよである。



<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.