スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

ノゲイラとヒョードル

格闘技における強さとはどこにあるのか? それを徹底的に示してくれたのが、4月25日「PRIDE」さいたま大会のノゲイラとヒョードルの2人だった。

ノゲイラは横井と闘い2ラウンドまでもつれこんだ。試合内容は両者譲らず非常に緊迫した展開。

横井はあのノゲイラを相手にほとんど互角に闘った。“あわや”というシーンは数回あった。そこを粘って負けない試合をするのが、ノゲイラのスタイルでもある。

問題は最後のシーンにある。やることがなくなった横井が、何を思ったのかタックルにいった。「お前、あそこでタックルはないだろう…」というのがボクの考えだ。

あの瞬間、ボクは「あ〜あ、もうだめだ」と思った。横井は一番やってはいけない技(わざ)を出してしまったのだ。

そばでいっしょに試合を見ていた歌枕は「もうスタミナが切れてしまって、やることがなくなったからですよ」と言った。



スピニングチョークと腕ひしぎ逆十字

なるほどそういうことだったのか。でもやっぱりあのタックルはない。もはやあそこが横井の限界だったのだ。

案の定、横井はそのあと我々が見たことがない新技“スピニングチョーク”で敗れた。

つまり最後の最後で横井は力の差を見せつけられる技で敗れたのだ。あのシーンで2人の実力差が決定的となった。

ヒョードルもコールマンをかなりきびしい腕ひしぎ逆十字で破った。こちらも力の差をまざまざと見せつけるフィニッシュだった。

まるでヒョードルは相撲でいうと、土俵の中央で相手を思い切り投げ倒したという感じだ。

ノゲイラとヒョードルの決め技のシビアさに2人の強さがよくあらわれていた。

もはや相手選手の人格(自我)さえ破壊しかねないというか、プライドをズタズタにする圧倒的かつ残酷な技で勝ってしまった。

ボクはそこに格闘技の本質の一部を見たようで、あの二つの技には思い切り感動したのだった。

ターザン情報)

1)http://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/sch/2004/20040503150026.htm">5・3ターザンシート

2)http://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/sch/2004/20040503203010.htm">5・3トークライブ



<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.