スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

6・29「IGF」について。

・アドバルーンをあげた猪木は偉いのだ!



 やっぱり猪木はわかっている。何がわかっているかというと、対マスコミ戦略である。何をぶち上げたらマスコミが飛びつくか? そのことを熟知している。

 6月29日、両国国技館で「IGF」の旗揚げ興行をやることを発表。そうしたらスポーツ新聞は、そのことを大きく取り上げる。

 最近、スポーツ新聞のバトル面はプロレスの記事が、まったく載らなかった。ニュース性、話題性がないからだ。

 記者からするといわゆる「取り上げようがない」というやつ。オイ、オイ、オイなんとかしてくれよという心境である。

 プロレスは話題を提供できなくなったら終わりである。そんなもの興行をやる資格などない。さっさとやめてしまえである。

 もう、それは声を大にして言いたい。

 ハッタリでもいい。ホラでもいい。なんでもいいから人々の噂になるようなものを、ドカーンとファンに示せ。

 プロレスがマジメになったらなんのインパクトもない。猪木流のサプライズの思想。世間をあっと言わせることを考えるのだ。

 アイデアと企画がすべて。それがプロレスのキーワードでありテーマなのだ。要するに話題性とはスキャンダリズムのことでもある。

 いやあ、新日本プロレス、ノア、全日本プロレスは何をやっているんだといいたい。またしても猪木ひとりにやられた。

 この際、「IGF」が成功する、しないは関係ない。問題ではない。

 どういう形にしろアドバルーンをあげた猪木は偉いのだ。

 『週刊ファイト』と『週刊ゴング』がいずれも休刊、廃刊になったのは、プロレス団体が世の中を巻き込んだ話題を提供する能力と才能がなくなったからだ。

 それがすべてといってもいい。64歳になった猪木に負けているようでは話にならない。

 普通の人しかいないということである。ああ、つまらない。面白くない。最悪だ。退屈の限りだ!

 ターザンカフェより)

 ※「ひとこと塾」(元「実践文章講座」)の体験入門をおこないます(参加費1000円。場所…水道橋・貸し教室&会議室「内海」。実施日…4月13、20、27日。時間…19時半〜21時半 詳細はhttp://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/m/2007/20070410101615.htm">コチラから)。

※4月21日(土)19時より、第53回「シネマイッキ塾」を開催いたします(参加費300円<飲食代別。部屋代割勘>。鑑賞映画は「輝ける女たち」&「クィーン」。 詳細はhttp://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/sch/2007/20070421190003.htm">コチラから)。

※5月7日(月)19時半より、新宿ロフトプラスワンで行われる「格闘2人祭」に出演します(前売り券<2500円>はローソンチケットで4月7日<土>より発売予定。詳細はhttp://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/sch/2007/20070507193003.htm">コチラから)。

 ※ただいま「ファイト!ミルホンネット」(http://miruhon.net/)にて、ターザン山本!の最新作「桜庭VS秋山戦でわかった格闘技界の惨状〜マスコミの犯罪行為〜」と「毒を食らわば皿までも」の第1章、第2章、第3章が販売されています(購入額・「桜庭VS秋山戦〜」…315円。「毒を食らわば〜」第1、2章…840円。第3章…525円)。

 

<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.