スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

4・4「K-1MAX」総括。

・会場に行くとナマの現実と真実しかない。

 

 あ、あ、あれはないよ。

 会場に足を運んで試合を見に行ったら、それだけのものを見せてくれないとそんなもん裏切りだよ。

 きのう(4月4日)の「K-1MAX」横浜アリーナ大会のことだ。

 観客に「熱」「緊張感」「集中力」がない。

 最悪ではないか? 

 この日、東京地方には4月の雪≠ェ降った。

 最後の魔裟斗の試合が終わってアリーナの外に出たらすでに午後10時半前。

 しかも吐く息が白いのだ。なんなんだよ、これは。

 試合が面白ければいいよ。それがまったく格闘技らしさがない。

 ただ、だらだらと試合をしているだけ。ほとんどの試合が判定決着。もはやMAXのリングではKO勝ち≠期待するのは無理だ。

 それってMAXの魅力がなくなったことを意味しているのだ。

 あとさあ、試合は9時半までに終わらせろである。

 それだったら家で9時からのんびりテレビ中継を見ていた方がよっぽどいい。わざわざ1時間以上かけて東京から新横浜まで行く必然は全然ない。

 「K-1」のハウス興行は完全に風化している。テレビによるテレビのためのテレビ格闘技だ。そう考えるしかない。

 しかしテレビというのは映像によって現実を二次加工≠オているのだ。二次加工にはそれなりの作り≠ェあるということだ。

 会場に行くとナマの現実と真実しかない。MAXも以前はそれに耐えられる格闘技だったんだけどなあ。

 どうしたんだよお。つまらないなあ。腹が立ってきた。ブル、ブル、ブル。寒いよお。

 京浜東北線に乗って午後11時頃、家に帰るこっちの気持ちにもなってみろである。

 格闘技とはオール・オア・ナッシングが基本コンセプト。そこにあるのは失う≠烽フがあるということである。

 試合に負けると、選手は何かを大きく失う。観客はその部分に最も興奮するのだ。男という生きものはそこに激しく感情移入するからだ。

 ところが試合に負けても何も失うものが見えてこない。そんなもの格闘技とはいえない。安っぽいスポーツ格闘技だ。

 どうでもいいよ。主催者側が選手にテーマ$ン定できないのも一つの要因。たしかに「K-1」はテレビの視聴率はいい。

 その視聴率はひまつぶし≠フ人間が、ひまで見ていたというだけのことなのだ。

 あれはひまつぶし視聴率と言い方を変えろ。バカ野郎の世界だ。

 オレの人生はひまつぶしなんかではない。それだけはここではっきり言っておく。くそ食らえである!

 ターザンカフェより)

 ※5月7日(月)19時半より、新宿ロフトプラスワンで行われる「格闘2人祭」に出演します(前売り券<2500円>はローソンチケットで4月7日<土>より発売予定。詳細はhttp://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/sch/2007/20070507193003.htm">コチラから)。

 ※ただいま「ファイト!ミルホンネット」(http://miruhon.net/)にて、ターザン山本!の最新作「桜庭VS秋山戦でわかった格闘技界の惨状〜マスコミの犯罪行為〜」と「毒を食らわば皿までも」の第1章、第2章、第3章が販売されています(購入額・「桜庭VS秋山戦〜」…315円。「毒を食らわば〜」第1、2章…840円。第3章…525円)。

 

<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.