スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

小林聡選手の引退発言について。

・一度、小林選手に会って現在の心境をきいてみたい。その本心にせまってみたいという気持ちがボクの中にはある。

キックボクサーの小林聡選手が現役を引退することを発表。

どうやら本人の意志はかなり堅いようだ。

彼の場合、全日本キックボクシングが後楽園ホールで興行をやった場合、どうしても今までの実績からメインの扱いになる。

まあ、それぐらい人気があるからだ。しかし現状では完全にその力は全盛期と比べた時、とっくの昔に過ぎている。

そのジレンマを一番、強く感じていたのは、実は小林選手自身である。

どんな人間も「まだ、オレはやれる」と思うもの。

いくら力が落ちてでもである。あるいは勝てなくなってでもある。

これはトップクラスの選手の性(さが)のようなもの。

しかも小林選手の場合、もとは大のプロレスファン。そのためプロレス的思考方法やプロレス的生き方、発想ができる人。

つまり自分を肯定する理屈を考えることができるのだ。もっというと居直ってしまうこともできる。

しかしもうさすがにそれを限界だと思ったのか、引退を決意したようだ。

現在、立ち技の打撃格闘技はすべて「K-1」の方にファンの目が向いている。

しかし本来、その立ち技の格闘技の王道はタイのムエタイにある。その理念を貫いてやっているのが、日本のキックボクシング。

小林選手はずっと後者の方にスタンスをとって生きてきた。

だから逆にムエタイ℃u向の強いファンの人たちは、みんな小林選手のファンでもある。

たしかにムエタイの魅力は「K-1」の比ではない。あれこそが真の格闘技である。

でも地味。格闘技が地味であることは当たり前のことなのだ。

一度、小林選手に会って現在の心境をきいてみたい。その本心にせまってみたいという気持ちがボクの中にはある。

そこで彼が何をいうかすごく楽しみだ!

ターザンカフェより)

※次回、ビジュツイッキ塾は来年1月の開催予定です。

※11月25日(土)19時より、シネマイッキ塾を開催いたします(課題映画…「プラダを着た悪魔」。詳細はhttp://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/sch/2006/20061125190044.htm">コチラ)。

※次回、「格闘2人祭!!」の開催日は2007年1月8日(月)です。



<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.