スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

『週刊ファイト』休刊についてD

・いやあ、これはボクにとって衝撃的な言葉だった。すべての迷いが吹っ飛んだ。目からウロコが取れるとは…。

『週刊ファイト』の名物編集長だった井上義啓氏(通称・I編集長)がある時、ボクにこんなことを言った。

「山本君がファイトで好きなことをやろうとしたら、それは編集長になった時にやればいいんだよ」

いやあ、これはボクにとって衝撃的な言葉だった。すべての迷いが吹っ飛んだ。

目からウロコが取れるとはああいうことをいうのだろう。

「わかりました。編集長が言う通りです。まったくごもっともです」とボクは完全に納得していた。

I編集長は人の心を読む達人である。ボクはその頃、I編集長から花の凡くら記者≠ニ呼ばれていた。

まるっきりの新人だからそう言われても仕方がない部分があった。

しかしたとえ新人だとしても人間である以上、好きなプロレスを自分の好きなように編集してみたいという願望はある。

それは能力とかキャリアに関係なく、みんなそう思ってしまうものなのだ。

I編集長はそのボクの心をすぐに見破って、ぴしゃっと先手を打ってきたのだ。ボクはそこの部分がすごいと思ったのだ。

あの言葉によってボクとI編集長の関係は、もう絶対服従になった。これはもうこの人についていくしかない。

この人のもとで働いている以上、I編集長は自分の師匠と思ってやるしかない。

そう割り切った。そう考えたら実に楽になった。

学ぶということはそういうことなのだ。吸収力だけにすべてをかけるのだ。

そのためには「逆らうな」「反抗するな」「愚痴を言うな」「くさるな」「文句を言うな」である。

そうしたらたぶんほかの人が見たら、I編集長の欠点とかマイナス面が、ボクからすると愛敬に見えてきたのだ。

そしてI編集長のいい所しか見えてこなくなった。欠点さえ肯定的に判断、理解するようになった。

本当に学ぶということはこういうことなのだ!

ターザンカフェより)

※10月6日(金)に第三期「実践文章講座」の説明会を行います(参加料1000円。本講義開始は10月13日<金>から。詳細は今週金曜日に発表します)。

※9月16日(土)18時半より、第14回「ビジュツイッキ塾」を開催いたします(鑑賞展覧会は『クリーブランド美術館展』<森アーツセンターギャラリー>。詳細はhttp://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/sch/2006/20060916183010.htm">コチラから)。

※9月29日(金)19時半より、、第6回「昭和プロレス学」を開催いたします(テーマ…アントニオ猪木VSカール・ゴッチ戦。詳細はhttp://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/sch/2006/20060929193049.htm">コチラから)。

※9月30日(土)、第48回「シネマイッキ塾」を開催いたします(鑑賞映画『弓』と『イルマーレ』のいずれか1本。詳細はhttp://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/sch/2006/20060930190036.htm">コチラから)。

※次回、「格闘2人祭!!」の開催日は10月30日(月)です(チケットは9月30日<土>よりローソンチケットにて発売)。



<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.