スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

06年G1総括。

・棚橋がG1クライマックスでいい所を見せられなかったのは、まったくの大失敗である。自分で自分の首を…。

先におこなわれた新日本プロレスのG1クライマックスは、天山が3回目の優勝を飾ったが、そんなに大きな盛り上がりは見せられなかった。

実際、決勝戦がおこなわれた8月13日の両国国技館は、満員ではなかった。

G1クライマックスといえばプロレスファンにとっては、真夏の最大のイベント。

地方のファンがたくさん最終日には国技館に上京してくるのだが、今年はそれも少なかったようだ。

こんな状態では新日本の先が思いやられる。明るい見通しははたしてあるのかといったら、どうもそれについてはみんな悲観的と言わざるを得ない。

そして今年のG1クライマックスに対してあえて苦言を呈すなら、やはりIWGPの現チャンピオン、棚橋弘至が予選リーグを突破できなかったことだ。

せっかく念願のベルトを手にして、やっと棚橋時代≠ェ到来かと思わせておきながら、G1クライマックスでは予選で2敗して決勝トーナメント出場を逃してしまった。

じゃあ、一体、なんのために棚橋はIWGPの王者になったのか? ファンからするとこれは非常にしらける現実がある。

新日本は何も考えていないことになる。棚橋はもう勝ちまくるしかなかったのだ。なぜそれをしないのか? やらないのか?

チャンピオンは負けてはいけないのだ。勝ち続けてこそ王者なのだ。

棚橋がG1クライマックスでいい所を見せられなかったのは、まったくの大失敗である。

自分で自分の首を絞めているのと同じ。完全に新日本は墓穴を掘った。

そんな状態で棚橋がIWGPの防衛戦をやっても、ファンを納得させることは無理だ。

いやあ、なぜ、こんな簡単なことがわからないのか? やれないのか?

それが不思議である。もう新日本は救いがないといえる。

ターザンカフェより)

※8月25日(金)19時半より、第5回「昭和プロレス学・猪木論(4)〜8・26夢のオールスター戦〜」を開催いたします(詳細はhttp://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/sch/2006/20060825193010.htm">コチラから)。

※次回、「格闘2人祭!!」の開催日は10月30日(月)です(チケットは9月30日<土>よりローソンチケットにて発売)。

※次回、第14回「ビジュツイッキ塾」は9月16日(土)の予定です(詳細は決まり次第、発表)。

※8月26日(土)19時より<時間変更>、第47回「シネマイッキ塾」を開催いたします(鑑賞映画は『スーパーマン・リターンズ』&『マッチポイント』に決定しました! 詳細はhttp://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/sch/2006/20060826190024.htm">コチラから)。



<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.