スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

8・5「HERO‘S」総括。

・普通なら完全にレフェリーが間にはいって、桜庭選手の負けを宣告される。ところがレフェリーは試合をそのまま…。

いやあ、面白かった。8月5日、きのう有明コロシアムでおこなわれた「HERO‘S」の興行である。

といっても、ボクが面白いと感じたのは第11試合、つまりこの日のメイン、桜庭選手のことである。

あれは序盤戦に相手のパンチを食らって、リングに倒れ込んだ。そこを相手選手のスミルノヴァスがボコボコに殴る。

普通なら完全にレフェリーが間にはいって、桜庭選手の負けを宣告される。ところがレフェリーは試合をそのまま続行させた。

これは異例なことである。見ているほうとしては「ああ、もうだめだ。やられた。桜庭は負けた!」とあきらめたはずである。

桜庭選手は3分間、意識が飛んでいたそうである。ふらふらになりながら立ち上がった。その間、スリーパーを決められそうになる。

やばいなんてものではなかった。そうしたらスミルノヴァスも両手を下げてぶらりとさせている。さては打ち疲れか。

このチャンスを桜庭選手は見逃さなかった。いきなり左右のパンチを繰り出す。当たった。相手が棒立ちになる。

形勢は一気に逆転。といっても両者には共にもはやスタミナは残っていない。しかし桜庭選手は意地でもこの試合を勝たないと格好がつかない。

その勝利への執念が最後に実を結ぶ。スミルノヴァスをマットに倒すとがっちり腕ひしぎ逆十字にいく。

こうなると勝負あったである。カン、カン、カン。勝利のゴングが鳴った。その瞬間、リング四方に設置されていた筒から桜の花吹雪がいっせいに飛び散った。

まさしく桜庭選手にとって勝利を祝福する桜吹雪の嵐ではないか。まさかあんな危機的状況からよく立て直して勝った。

ボクの本心をいうと「ああ、よかった。ホントによかった…」という気持ちである。

これが興行である。これがエンターテインメントである。人をハッピーな気分にさせるのが、興行のエッセンスなのだ。

万歳! 桜庭和志、万歳! もうこの言葉しかないよ。

興奮させてもらってありがとうである。

ターザンカフェより)

※8月8日(火)19時半より、新宿ロフトプラスワンでおこなわれる「格闘2人祭!! vol.27」に出演いたします(詳細はhttp://www.ibjcafe.com/talk/tarzan/sch/2006/20060808193001.htm">コチラから)。

※8月25日(金)19時半より、第5回「昭和プロレス学・猪木論(4)〜8・26夢のオールスター戦〜」を開催いたします(詳細はコチラから)。



<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.