スポーツの掲示板ならイビジェカフェ

サッカー、プロレス、格闘技のスポーツ総合掲示板。

サッカー選手のことなら【イビジェカフェ】 プロレス選手のことなら【イビジェカフェ】 格闘技選手のことなら【イビジェカフェ】 ターザンカフェ
今日のコラム
煩悩菩薩日記
プロ格コラム
ターザン山本の裏目読み馬券作戦
競馬西遊記
覆面Xの人間万事塞翁が馬予想
平馬の千円馬券遊戯
映画コラム
元気が出るアジ語!
ゴールドラッシュ
ターザン情報
ターザンストック
イビジェカフェモバイル
イビジェカフェQRコード QRコードをご利用頂くか、以下のフォームにケータイのアドレスを入力して送信すると、モバイル版イビジェカフェのURLが届きます。

桜庭の「HERO‘S」参戦について。

・マスコミの連中も当日まで桜庭が「HERO‘S」の会場に現れるとはまったくのノーマークだった。

大事件が起こった。

きのう(5月3日)、「HERO‘S」の代々木大会になんとタイガーマスクのマスクをかぶった桜庭和志がリングに登場したからだ。

桜庭は先月「高田道場」を離脱していた。一応、フリーの身になったわけだが、まさか「PRIDE」のライバル団体である「K-1」のリングに移るとは一体、誰が予想できただろうか…。

桜庭が「K-1」に行くかもしれないという噂はたしかにあったが、ほとんどの関係者はそれを信用しなかった。あまりにも飛躍した考えだったからだ。

たしかにその通りだ。高田延彦と桜庭和志はUWFインターナショナル時代からずっといっしょだった。

苦楽を共にした先輩と後輩という関係にある。まして桜庭は「PRIDE」の歴史においては、最大の功労者でもある。

その男がまさか「K-1」に移るとはやっぱりこれは考えられない話である。

というわけで、マスコミの連中も当日まで桜庭が「HERO‘S」の会場に現れるとはまったくのノーマークだった。

しかしよく考えて欲しい。人間というのはわけのわからない動物である。社会生活をしているぶんには、常識的人間におさまっているが一皮むくと、何をしでかすかわからない。

裏切りなんか平気でやってしまう生きものなのだ。特に仲のいい者同士こそ壊れやすい関係にある。だから本当のことをいうと、何も信用してはいけないのだ。

今回の件に関してもあの桜庭選手が、そんなことをするはずがない。やるはずがないとみんなそう考えていた。当然である。

だが現実は違った。それは人間だからだ。人間ならなんでもやる。そう考えた方が正しい。

むしろボクは桜庭選手がとったこの行動は、きわめて人間的≠ネものと判断している。

だから別に肯定もしないし否定もしない。ウン、面白いことになったぐらいのことしか思わない。

いいんだよ。桜庭は偉い。よくやったと逆にほめたい。

ターザンカフェより)

※次回、第3回「昭和プロレス学」は6月23日(金)を予定しております(詳細は来週発表)。



<< 戻る  進む >>
利用規約 ご利用ガイド
Copyright © 1996-2011 INTERNET BUSINESS JAPAN Co., Ltd. All rights reserved.